Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【C&T・2020年10月号】リテール最前線・バラエティストアの戦略

【C&T・2020年10月号】リテール最前線・バラエティストアの戦略

500円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

コロナ禍で流通業に業績の格差がみられる。緊急事態宣言発出と外出自粛で百貨店や大型商業施設の専門店が苦戦を強いられた一方、食品中心のSMやマスク、消毒液などの特需が発生したドラッグストアは好調に推移している。第1四半期(3~5月期、4~6月期)の業績をみると、SM・ドラッグストアは大幅な増収増益となり、最寄品によって日常生活を支えていることの強さが改めて実証された。大手流通業は減収減益基調だが、業種業態のウェイトの違いによって、マイナスの幅が異なる。各社とも、今年度中はコロナの影響が継続するとみており、ニューノーマルの環境下で、新たな施策に基づく主力事業の活性化が求められる。

発行日
2020年09月15日 
ページ番号
68~73ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
868キロバイト
ページの先頭へ