Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】証券アナリスト佐藤和佳子氏に聞く、2021年下期の化粧品業界展望

【週刊粧業】証券アナリスト佐藤和佳子氏に聞く、2021年下期の化粧品業界展望

300円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

長引くコロナ禍で国内化粧品市場の回復が遅れている。経済産業省が発表した化粧品出荷統計によると、今年3月は前年同月比10.2%減、4月は0.6%減だった。昨年2月下旬頃より新型コロナウイルスが全国的に感染拡大し、4月から5月にかけて緊急事態宣言が発令されていたことを踏まえると、4月時点で対前年ではプラス成長を予想していた経営者が多かったと思う。5月からのプラス推移に期待したい。一方、衛生関連製品を中心とした日用品は、昨年にあった特需がなくなり、春以降、数字的には厳しい1年になっていく。コロナの状況次第という将来予測が難しい状況にある中、化粧品・日用品業界を調査・分析する三菱UFJモルガン・スタンレー証券・インベストメントリサーチ部の佐藤和佳子シニアアナリストに、21年上期を振り返ってもらうとともに、下期以降を展望してもらった。

発行日
2021年06月28日 
ページ番号
8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
450キロバイト
ページの先頭へ