Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2022年消臭・芳香剤の最新動向

【週刊粧業】2022年消臭・芳香剤の最新動向

200円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

消臭・芳香剤市場はコロナ禍による在宅時間の拡大で20年に伸長し、935億円と推計される。翌21年は反動減が懸念されたが、横ばいとなった模様だ。用途別では部屋用、トイレ用、車用に大別され、部屋用、トイレ用が好調な一方、車用は外出抑制で20年、21年とも低迷した。22年は車用の回復で全カテゴリーの伸長が期待される。また市場の追い風を受け、新商品が急増した反動も現れており、ブランド・製品のポジションを明確にした訴求が課題となる。今特集では、メーカー5社(エステー、花王、P&G、小林製薬、アース製薬)を取材した。

発行日
2022年04月25日 
ページ番号
8ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
330キロバイト
ページの先頭へ