Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】証券アナリスト佐藤和佳子氏に聞く、2022年下期の化粧品業界展望

【週刊粧業】証券アナリスト佐藤和佳子氏に聞く、2022年下期の化粧品業界展望

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

2022年もコロナ禍の状況が続いているが、国内化粧品市場は徐々に回復基調を見せている。経済産業省が発表している化粧品出荷統計では今年3月が前年同月比10・3%増、4月も9・9%増で推移した。昨年は4月から緊急事態宣言の期間に入り、その反動でプラス成長が続くと見られる。足元では訪日外国人の受け入れがスタートし、インバウンド需要の再拡大への期待感も高まってきている。化粧品・日用品業界を調査・分析する三菱UFJモルガン・スタンレー証券・インベストメントリサーチ部の佐藤和佳子シニアアナリストに、22年上期の振り返りと下期の展望を聞いた。

発行日
2022年06月22日 
ページ番号
1、6~7ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
2.01メガバイト
ページの先頭へ