アルビオン、国産ハトムギ「北のはと」の生理活性作用を確認

粧業日報 2022年5月2日号 3ページ

2022年5月2日 14時00分

Sn20220502 8

 アルビオンは、ハトムギの国産品種「北のはと」の生理活性作用に関して国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所と共同研究を行い、油溶性ヨクイニンエキスの生理活性作用に関する研究成果について、「表皮角化細胞に対するヨクイニン抽出物の薬理効果の評価」というタイトルで日本化学会第102春季年会にて発表した。

 ハトムギの国産品種である「北のはと」は、北海道士別市の在来系統から選抜して育成されたもので、北海道北部地域のような寒冷地でも栽培可能な品種として医薬基盤・健康・栄養研究所によって開発され、2007年に品種登録された。

 ハトムギはイネ科ジュズダマ属の一年生草木で、モチ性の子実は生薬「ヨクイニン」として昔から漢方薬に広く利用されており、抗腫瘍活性、抗酸化作用、免疫賦活活性等をもつことが報告されているが、そのメカニズムは明らかになっていない部分が多く、これら作用を示す有効成分も特定されていなかった。

 こうした中、アルビオンではこれまでに、医薬基盤・健康・栄養研究所との共同研究により、「北のはと」の子実から抽出した水溶性のヨクイニンエキスがヒト皮膚由来培養ケラチノサイトにおいてヒアルロン酸合成酵素やNMF(天然保湿因子)前駆体産生促進効果等を有することを明らかにしてきた。

 今回の研究では、水溶性ヨクイニンエキスに加え、これまで検討していなかった油溶性のヨクイニンエキスの生理活性作用に関して検討を行った。

 研究では、表皮ケラチノサイトを三次元培養した表皮モデルにヨクイニンエキスを添加し、その効果を観察したところ、添加していないものと比べて、水溶性/油溶性いずれのヨクイニンエキスを添加した場合にも、表皮、角層の厚みが増し、角層構造が発達しているような様子が観察された。

 次に、抗体免疫染色法により、表皮に発現しているタンパク質を検出したところ、油溶性エキスではロリクリンの発現量が上昇する傾向が見られた。また、水溶性エキスではフィラグリンの発現量の上昇が確認された。

 今回の研究結果から、水溶性ヨクイニンエキス、油溶性ヨクイニンエキスは、それぞれ異なるメカニズムで表皮ターンオーバーに寄与している可能性が示唆された。今後もこれらの各エキスがどのようなメカニズムで表皮細胞に働きかけているのか、さらに研究を進め、製品に応用していく。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 6月28日 12時00分
    資生堂、プリオールから新感触の大人...
  2. 2位 7月4日 12時00分
    証券アナリストに聞く2022年下期...
  3. 3位 7月5日 11時00分
    証券アナリストに聞く2022年下期...
  4. 4位 7月5日 10時00分
    ファブリックケア市場、コロナ禍のま...
  5. 5位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  6. 6位 7月4日 11時00分
    ラパスジャパン、医療用マイクロニー...
  7. 7位 7月4日 10時00分
    シーボン、心理的なストレスによるメ...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 6月29日 11時00分
    資生堂、昨年1週間弱で完売した「H...
  10. 10位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  1. 1位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  2. 2位 6月28日 12時00分
    資生堂、プリオールから新感触の大人...
  3. 3位 6月29日 11時00分
    資生堂、昨年1週間弱で完売した「H...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 6月29日 12時00分
    ちふれ化粧品、スキンケア「保湿シリ...
  7. 7位 6月30日 14時00分
    花王、認知機能低下と日常歩行速度の...
  8. 8位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  9. 9位 6月28日 13時00分
    コーセー、マスク緩和を受け今後のメ...
  10. 10位 7月1日 14時00分
    矢野経済研究所、2021年度サブス...
  1. 1位 6月17日 13時00分
    ファンケル、スキンケア製品の長期使...
  2. 2位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 6月28日 12時00分
    資生堂、プリオールから新感触の大人...
  9. 9位 5月17日 10時00分
    アルビオン スキコンを超える新スキ...
  10. 10位 3月17日 13時00分
    伊藤忠ファッションシステム、WGS...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ