調査レポート

【クロス・マーケティング】グローバル化と英語に関する実態調査(2013年12月)

急速なグローバル化の進展により、日本でも英語に対する興味・関心や関わり方などに、様々な変化が見られる。

企業については、楽天の英語公用語化や、ソフトバンクの「TOEIC」を用いた報奨制度などをはじめ、多くの企業において様々な取り組みが行われている。

また、プリスクールや幼児のための英会話スクールなど、幼児の早期英語教育についても、多くのメディアで話題になっている。

そこで本調査では、英語に対する興味・関心の実態や、英語力アップのための行動や企業の取り組み、また子どもの英語教育に関する実態について明らかにする。

サマリー
・学生の70%が「英語は必要」と回答
・年代が上がるほど英語に対する関心は低下!?

英語力レベル、英語の必要性、英語に対する意欲、すべてにおいて、学生は全体平均を上回る。
しかしそれらは年代が上がるにつれて、徐々に低下。
企業についても、英語に関する取り組みを行っている企業は16%にとどまる。

1.英語に関する実態

 英語力レベルについて
・全体でみると、72%の人が「単語を羅列させる程度」「英語は話せない」と回答
・学生に比べ、学生以外の人の英語に対する苦手意識は強い
・年代が上がるにつれ、英語に対する苦手意識も強くなっている

 英語の必要性について
・全体でみると、52%の人が英語を「必要」と回答
・英語を「必要」と感じている割合は学生が最も高い
・年代が上がるにつれ、「必要」と感じている割合は低くなっている

 英語に対する意欲について
・全体でみると、57%の人が「英語を学びたい」と回答
・年代が上がるにつれ、英語に対する意欲は低下している

 英語を学ぶ目的について
・全体でみると、「グローバルにコミュニケーションをとりたいから」と答えた割合が最も高い
・一方で、女性の30~40歳代やパート・アルバイト、専業主婦層では、「趣味のひとつとして興味があったから」と答えた割合が最も高くなっている

 英語の学び方について
・全体でみると、「洋画・洋楽・洋書」を活用している人の割合が最も高い
・「特に何も行っていない」と回答した人は、全体の64%
・英語レベル×意欲別にみると、上位層ほど「リスニング教材」「SNS」を活用している

調査概要
グローバル化と英語に関する実態調査
■調査方法 : インターネットリサーチ
■実施期間 : 2013年11月
■調査対象 : 男女/20~49歳
■調査地域 : 全国
■有効回収数 : 1,200サンプル
■設問数 : 属性設問10問 + 本調査16問
■実施期間 : 2013年11月26日(火)~2013年11月27日(水)
属性設問(性別、年齢、居住地、未既婚、子どもの有無、末子の属性、職業、業種、上場の有無、除外業種)
英語力レベル(SA)
留学経験の有無とその期間(月単位)(SA, 数値FA)
英語の必要性(SA)
英語を学ぶことに対する意欲(SA)
英語を学ぶ理由(MA)
英語の学び方(MA)
英語を学ばない理由(MA, SA)
英語力を身につけるためにしたい事(MA)
ビジネスにおける英語の使用頻度・場面(SA)
英語力丌足で困った経験の有無(SA)
英語力丌足で困った経験(FA)
英語に対する職場での取り組み(MA)
グローバルで働くことに対する意向(SA)
英語以外の言語で学んでいるもの(MA)
英語以外の言語を学ぶ理由(MA)
子どもの英語教育のためにしたい事(MA)

★本件に関するお問い合わせ先★
株式会社クロス・マーケティング 担当 : 来條 貴史 (らいじょう たかし)
東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F
TEL : 03-3549-0230 FAX : 03-3549-0221 E-mail : sales-inq@cross-m.co.jp
≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ずクレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

クロス・マーケティング 消費者調査データは会員限定です。
週刊粧業WEB(無料)にご登録頂くと、PDFファイルをご覧いただけます。

週刊粧業WEBにログイン/登録する

アクセスランキング

  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 9月27日 12時00分
    岩瀬コスファ、サステナブルなオイル...
  5. 5位 9月27日 15時00分
    コロナ禍で売れたメークアイテム、肌...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 9月27日 11時30分
    阪本薬品工業、全成分植物由来の抗菌...
  8. 8位 9月27日 14時30分
    花王、AIの活用で物流施設の自動化...
  9. 9位 9月27日 11時00分
    一丸ファルコス、サステナブルに配慮...
  10. 10位 9月27日 10時00分
    クローダジャパン、抗酸化効果に優れ...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  5. 5位 5月5日 12時00分
    アルビオン、長年使い続けたくなる化...
  6. 6位 9月21日 16時00分
    コーセー、温度応答性のマスカラ素材を開発
  7. 7位 9月21日 15時40分
    資生堂、紫外線による酸化ストレスを...
  8. 8位 9月24日 15時20分
    資生堂、中国がオンライン・オフライ...
  9. 9位 9月22日 16時00分
    ファンケルグループ・アテニア、W1...
  10. 10位 9月22日 12時30分
    資生堂、新たなサプライチェーン拠点...
  1. 1位 8月26日 10時30分
    資生堂、世界初のハイブリッド処方を...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 8月27日 12時00分
    資生堂、赤外線が肌に悪影響を与える...
  6. 6位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 8月26日 10時00分
    資生堂、アクアレーベルの新ライン「...
  9. 9位 5月5日 12時00分
    アルビオン、長年使い続けたくなる化...
  10. 10位 8月16日 15時20分
    花王、エッセンシャル新シリーズ新製...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ