Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2020年秋の訪販化粧品メーカーの最新動向

【週刊粧業】2020年秋の訪販化粧品メーカーの最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

人と人の関わり・交わりを重視したビジネスモデルを構築する訪販化粧品業界は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、従来型の活動が十分に取り組めずに厳しい局面を迎えている。その一方で、従来の考え方や取り組む姿勢の意識を変える機会と捉え、教育や営業などにIT・デジタルの活用を推進しながら新たな訪販スタイルを模索している。外出自粛の段階的な緩和とともに6~7月にかけて、各社は、オンラインでのコミュニケーションを継続しつつ、顧客の来店制限など感染予防・対策を徹底した上でサロンや店舗の営業を再開している。今後は、リアルな対面接客を補強するツールとしてオンラインの活用が進む。今特集では、関連企業9社・2団体(ポーラ、ノエビア、日本メナード化粧品、ナリス化粧品、オッペン化粧品、フォーデイズ、シャンソン化粧品、マリアンボレ、ペレ・グレイス、日本訪問販売協会、訪販化粧品工業協会)を取材した。

発行日
2020年10月05日 
ページ番号
1.8~10ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
2メガバイト
ページの先頭へ