Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】 2020年下期オーラルケアの最新動向

【週刊粧業】 2020年下期オーラルケアの最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

2019年のオーラルケア市場は、口腔衛生意識の向上や中高齢者の残存歯数の上昇により高付加価値品の引き合いが高まり、前年より3.3%拡大した。20年は、コロナ禍で自粛意識が広がった4~6月が前年割れした一方、殺菌意識の高まりが口腔内にも広まり7月以降は回復基調にある。9月は昨年の増税前特需が影響し前年売上よりダウンしているものの、高付加価値品の投入で市場全体の単価アップ傾向が続き、通年では市場規模の拡大が見込まれている。今特集では、関連企業8社(ライオン、花王、サンスターグループ、小林製薬、スモカ歯磨、サンギ、ハニック・ホワイトラボ、GSKジャパン)を取材した。

発行日
2020年11月02日 
ページ番号
1.8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.57メガバイト
ページの先頭へ