Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】小林製薬、21年12月期第1四半期は減収も純利益3.1%増

【週刊粧業】小林製薬、21年12月期第1四半期は減収も純利益3.1%増

200円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

小林製薬の2021年12月期第1四半期決算は、米国・中国でカイロの売上が好調だった一方、国内がコロナ禍でインバウンド需要の消失や外出自粛の需要減の影響を受けて減収・増益だった。売上高が5.1%減の302億6900万円、営業利益が3.8%減の46億8900万円、経常利益が3.0%増の51億9200万円、四半期純利益が3.1%増の36億2800万円となった。今期より同社グループの主要な経営管理指標を経常利益から営業利益に変更したことにともない、国内・国際・通販・その他のセグメント利益も経常利益から営業利益に変更している。

発行日
2021年06月21日 
ページ番号
10ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
542キロバイト
ページの先頭へ