Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2021年化粧品代行ビジネスの最新動向

【週刊粧業】2021年化粧品代行ビジネスの最新動向

300円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

不況に強いとされてきた化粧品業界も、コロナ禍の影響を受けて苦戦している。成長戦略の一翼を担っていたインバウンドは消失状態が続き、外出機会の減少や日常的なマスク着用の影響でメークの使用率は減少している。化粧品メーカー・ブランド各社は、こうした市場環境の変化に対応して戦略を見直し、主力事業や成長性の高い事業への経営資源の集中化を進めると同時に、専門性の高い技術を持つ企業へのアウトソーシングを推進して業績の回復、再成長を図っている。今特集では、関連企業4社(富士ロジテック・ユニファイドサービス、ホシケミカルズ、コスメスタッフィング、インパクトホールディングス)を取材した。

発行日
2021年10月25日 
ページ番号
1、5ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.15メガバイト
ページの先頭へ