Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】大木HD 2022年3月期、コロナ特需の反動で増収減益

【週刊粧業】大木HD 2022年3月期、コロナ特需の反動で増収減益

200円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

中間卸流通業の大木ヘルスケアホールディングスの2022年3月期決算は、健康食品や化粧品など育成カテゴリーが好調に推移した一方、コロナ特需の反動に加え、人件費、物流費など販管費の上昇の影響を受けて増収減益だった。売上高が前期比2・7%増の2781億6200万円、営業利益が78・6%減の6億3100万円、経常利益が60・8%減の15億8300万円、当期純利益が64・6%減の9億7200万円となった。

発行日
2022年06月27日 
ページ番号
2ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
429キロバイト
ページの先頭へ