Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】楽天グループ×ソフィアリンクス、「楽天市場」がコスメ領域を強化、O2Oやコラボ企画など新たな試みも

【週刊粧業】楽天グループ×ソフィアリンクス、「楽天市場」がコスメ領域を強化、O2Oやコラボ企画など新たな試みも

200円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

コロナ感染拡大にともなう外出自粛や行動制限を背景に、化粧品をECで購入する消費者が増え、化粧品メーカー・ブランド各社も新たな顧客との接点獲得・拡大を目的にEC事業への投資を強化している。そうした化粧品業界の動きに対し、総合ECショッピングモール「楽天市場」は2020年秋、コスメ・ビューティカテゴリー内に新たに2つの公式モールを開設した。一つがブランドショップをセレクトして展開する「公式ブランドコレクション」で、もう一つがデパコスなどワンランク上のブランドが出店する「Rakuten Luxury Beauty(楽天ラグジュアリービューティ)」だ。様々なブランドが出店検討しやすい環境を整え、「楽天市場」内におけるコスメ・ビューティ領域のカテゴリー価値を高めていく。今回、化粧品業界でマーケティング・コンサルティング事業を展開しているソフィアリンクスの三原誠史代表が、楽天グループの武田慎太郎氏(マーケットプレイス事業アカウントイノベーションオフィス マーケティング課ヴァイスシニアマネージャー)との対談を通じて、「楽天市場」のコスメ・ビューティカテゴリーの魅力とともに、コスメとモール型ECとの相性に迫る。

発行日
2022年08月01日 
ページ番号
2ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
446キロバイト
ページの先頭へ