週刊粧業マーケット

【週刊粧業】2023年上期オーラルケアの最新動向

【週刊粧業】2023年上期オーラルケアの最新動向

価格400円

※PDFをご覧いただくには、Adobe Reader が必要になります。ご購読に関して詳しくはこちら

ご購読に関して詳しくはこちら カートに入れる(ダウンロード版)

オーラルケア市場は、生活者の健康意識の高まりとともに高機能な製品の需要が拡大し、単価アップによる拡大傾向が続いている。ハミガキ、ハブラシ、洗口液、歯間清掃具の主要4カテゴリーの市場規模(金額ベース、週刊粧業調べ)は、いずれのカテゴリーも前年実績を上回って推移し、前年比1.3%増の2268億円となった。ハミガキは1.0%増の1092億円、ハブラシは1.2%増の549億円、洗口液は2.6%増の409億円、歯間清掃具は4.1%増の218億円だった。近年は特に、洗口液と歯間清掃具の使用率.使用頻度の向上が見られる。日本歯磨工業会の報告によれば、ともに使用率は3割台後半まで上がってきている。本特集では、関連企業8社(ライオン、花王、サンスター、小林製薬、スモカ歯磨、アース製薬、神戸製薬、サンギ)に話を伺った。

人気ランキング

バラ売り 人気ランキング

ホーム > 週刊粧業マーケット > 【週刊粧業】人材価値向上に向けた取り組み

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
カートを見る

条件で絞り込む

キーワード

絞り込む
pagetop