週刊粧業マーケット

【週刊粧業】2024年ボディソープの最新動向

【週刊粧業】2024年ボディソープの最新動向

価格300円

※PDFをご覧いただくには、Adobe Reader が必要になります。ご購読に関して詳しくはこちら

ご購読に関して詳しくはこちら カートに入れる(ダウンロード版)

ボディソープ市場では、単価アップを図る動きが活発化している。コロナ禍では、「巣ごもり需要」により高単価・高機能カテゴリーが伸長し、これまで主要カテゴリーだった「液体タイプ」に加え高単価な「泡タイプ」の需要が高まり、新型コロナウイルスが5類移行となった現在でも同様の傾向が続いている。こうした状況の中、各社はさらなる単価アップを実現すべく新商品の提案に注力している。主流となりつつある泡タイプでは、他社との差別化を図れる要素をプラスアルファした価値提案が必要となる。本特集では、関連メーカー4社(花王、牛乳石鹸共進社、ライオン、クラシエ)に話を伺った。

人気ランキング

バラ売り 人気ランキング

ホーム > 週刊粧業マーケット > 【週刊粧業】人材価値向上に向けた取り組み

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
カートを見る

条件で絞り込む

キーワード

絞り込む
pagetop