週刊粧業マーケット

2024年04月08日発行 8~11ページ掲載

【週刊粧業】2024年大手流通業の新年度経営戦略

【週刊粧業】2024年大手流通業の新年度経営戦略

価格400円

※PDFをご覧いただくには、Adobe Reader が必要になります。ご購読に関して詳しくはこちら

ご購読に関して詳しくはこちら カートに入れる(ダウンロード版)

ツルハホールディングスとウエルシアホールディングスが経営統合し、27年中にイオンの連結子会社となる。イオンはドラッグストアにとどまらず、GMS、SMで№1の規模となっている。2大流通グループの一方のセブン&アイ・ホールディングスはコンビニが収益の柱で、GMSのイトーヨーカ堂はアパレルからの撤退など、事業構造の見直しを進めている。セブン&アイ・グループとして、新しい形でシナジーを追求する動きが見られる。マーケットのシュリンクが避けられない中、イオン、セブン&アイ・グループとも、新しい形での経営資産の融合が迫られる。今特集では、大手流通業3社(イオンリテール、セブン&アイ・ホールディングス、フジ)を取材した。

■特集/大手流通業の新年度経営戦略
掲載企業/イオンリテール、セブン&アイ・ホールディングス、フジ

人気ランキング

バラ売り 人気ランキング

ホーム > 週刊粧業マーケット > 【週刊粧業】人材価値向上に向けた取り組み

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
カートを見る

条件で絞り込む

キーワード

絞り込む
pagetop