週刊粧業マーケット

2024年04月15日発行 1、6~7ページ掲載

【週刊粧業】2024年メーカー各社のR&D戦略

【週刊粧業】2024年メーカー各社のR&D戦略

価格400円

※PDFをご覧いただくには、Adobe Reader が必要になります。ご購読に関して詳しくはこちら

ご購読に関して詳しくはこちら カートに入れる(ダウンロード版)

国際情勢や生活者ニーズが目まぐるしく変化し続ける中で、化粧品メーカー各社のR&Dにおいては近年、社会・顧客の課題解決につながる新たな価値を持つイノベーティブな製品やサービスをスピーディに開発するために自前主義から脱却し、各々の領域で強みを持つ企業間同士とのつながりを広げる協業主義へとシフトするなど、本業の知見を活かして事業領域の拡張を図る動きが目立っている。今特集では、大手化粧品メーカー6社(資生堂、コーセー、花王、ポーラ・オルビスホールディングス、日本メナード化粧品、ミルボン)のR&D戦略と最新の研究成果を紹介する。

■特集/メーカー各社のR&D戦略~本業の知見を活かして事業領域を拡張
◎資生堂~「肌・身体・心」の関係性に基づいた資生堂独自の美のアルゴリズムを構築
◎コーセー~世界で存在感のある企業への進化を目指して独自の化粧文化や価値を創出
◎花王~収益に貢献する研究投資と地球全体を市場として捉えたモノづくりに注力
◎ポーラ・オルビスホールディングス~TDC新設で唯一無二の価値づくり、異分野への挑戦も強化・加速
その他掲載企業/日本メナード化粧品、ミルボン

人気ランキング

バラ売り 人気ランキング

ホーム > 週刊粧業マーケット > 【週刊粧業】人材価値向上に向けた取り組み

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
カートを見る

条件で絞り込む

キーワード

絞り込む
pagetop