Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【C&T・2021年7月号】BeautyTechの最新動向

【C&T・2021年7月号】BeautyTechの最新動向

600円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

コロナ禍で、化粧品業界では「ECシフト」「DX推進」「ビッグデータ・AI活用」の変革スピードが10年早まったとも言われている。EC市場が成長した今、仮にコロナ禍が収束しても、店舗売上は以前の水準には恐らく戻らず、実店舗を抱える事業者には減収しても黒字化するための構造改革(小売のDX化)が必要となっている。このように、ECの拡大とユーザーコミュニケーションのデジタルシフトが加速しているのに伴い、従来のマスメディアを基軸とする広告や販促を、デジタルマーケティングに転換する動きが大手化粧品メーカーを中心に活発化している。また、D2Cなどデジタルネイティブな新興ブランドが台頭し、次世代通信規格・5Gの広がりとともに、XR(現実世界には存在しないものや情報を表現・体験できる技術)などの最新テクノロジーを活用した新たな美容製品・サービス「BeautyTech」への注目もますます高まっている。今特集では、アイスタイルの矢野貴久子BeautyTech.jp編集長にBeautyTechの最新動向や今後の展望について話を伺うとともに、同分野における有力企業4社(アイスタイル・日本メナード化粧品・パーフェクト・Novera)のサービスを紹介する。

発行日
2021年06月15日 
ページ番号
9~15ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
908キロバイト
ページの先頭へ