Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2021年生理用品の最新動向

【週刊粧業】2021年生理用品の最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

今回取材したメーカー5社(ユニ・チャーム、花王、小林製薬、コットン・ラボ、インテグロ)の話をまとめると2020年の生理用品市場は、ほぼ横ばいで推移しているようだ。コロナ禍で紙製品が供給不足に陥るといったデマ情報の拡散により、昨年は3月頃に消費者の買い占めが起こり品薄状態になったものの、その反動から後半の消費が低調だった。さらに外出自粛による使用機会減少も重なり、通年では前年並みで推移している。

発行日
2021年09月13日 
ページ番号
1、6~7ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
2.67メガバイト
ページの先頭へ