Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】シンクタンクが分析する2022年国内化粧品市場

【週刊粧業】シンクタンクが分析する2022年国内化粧品市場

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

コロナ禍で大きく市場環境が変化した化粧品業界は、2021年も外出制限の長期化、外出時のマスク着用の常態化などの影響を受け、9月段階で市場調査会社が発表している21年市場見込みは、前年比1%〜3%増となった。22年については、引き続き感染状況次第となるものの、ワクチン接種が進んでいることもあって、概ね20年市場と同水準での伸長率を予測している。今特集では、シンクタンク5社(富士経済、矢野経済研究所、TPCマーケティングリサーチ、インテージ、True Data)に2021年の国内化粧品市場の見通しや主要カテゴリー・チャネルの動向、今後の展望を尋ねた。

発行日
2021年10月18日 
ページ番号
40~42ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
988キロバイト
ページの先頭へ