週刊粧業マーケット

【週刊粧業】2023年下期化粧品原料動向

【週刊粧業】2023年下期化粧品原料動向

価格400円

※PDFをご覧いただくには、Adobe Reader が必要になります。ご購読に関して詳しくはこちら

ご購読に関して詳しくはこちら カートに入れる(ダウンロード版)

化粧品原料各社においては近年、SDGsやサステナビリティに重点を置いた開発・提案が進められており、特にアップサイクルを謳った植物・残渣物由来成分が注目を集めている。また、コロナ禍が落ち着きをみせたことで化粧品市場は回復しつつあり、サプライヤー間の競争が激しくなる中、新技術開発に向けて研究開発に注力する動きや、これまで長く支持されてきた原料へ新たな価値を付与した新グレードの市場導入など、独自性を担保するための取り組みが盛んに行われている。本特集では、化粧品原料各社(岩瀬コスファ、日光ケミカルズ、一丸ファルコス、香栄興業、マツモト交商、阪本薬品工業、池田物産、壽商会、進栄化学、JTS、シバハシケミファ、高級アルコール工業、GSIクレオス、高研、ビタミンC60バイオリサーチ、ライオンスペシャリティケミカルズ、MP五協フード&ケミカル、樋口商会、カネダ、木村産業)に話を伺った。

人気ランキング

バラ売り 人気ランキング

ホーム > 週刊粧業マーケット > 【週刊粧業】人材価値向上に向けた取り組み

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
カートを見る

条件で絞り込む

キーワード

絞り込む
pagetop