岩瀬コスファ、サステナブルなオイルや防腐剤を提案

C&T 2021年9月15日号 40ページ

2021年9月27日 12時00分

Ct20210915 24 1 1

 岩瀬コスファでは、環境に優しい藻類を用いたバイオ技術を使って作られたオイル「AlgaPur HSHO Algae Oil」(Lubrizol社、AlgaPur HSHO Algae OilはLubrizol社の登録商標)の提案に注力している。

 サトウキビを原料とし、藻類による発酵、粉砕、抽出、精製工程を経て製造される。

 同オイルは、不飽和脂肪酸を多く含むにも関わらず優れた安定性をもち、他の油剤と比較して酸化が始まるまでの時間が圧倒的に長い(図)

 感触にも優れ、スキンケア及びヘアケアなど多くの製剤への応用が可能である。経時的に臭いや色の変化がなく、抗酸化剤の添加量を少なくすることが可能だ。さらに、ほとんどの油剤に対して優れた溶解性をもち、遊離脂肪酸をほとんど含まないため、高いマイルド性が特徴となっている。

 最高クラスのサスティナビリティとトレーサビリティも特徴の1つである。ブラジルで生産されるアルジーオイルは、他の油生産収穫量と比較して、1ヘクタール当たりの油の収穫量が多いサトウキビから生産されており、さらに、ほぼ全ての他の主要な汎用油剤よりも水消費量が少ない。

 浸透性が良く、乳化が容易で、少ない臭気、淡黄色であり、塗布後も油っぽくないシルキーな感触が得られるといった処方上の利点も多く持つ。

 また、製造元であるCorbion社は、ブラジルにおいて各サプライヤーに対して、アマゾン・パンタナル・北部パラグアイ盆地生態系でのサトウキビの栽培や調達をしないように求めているほか、土地の権利、適正な農業慣行、生物多様性等に関わる原則や基準を「Corbionサトウキビコード」として定め、各サプライヤーを定期的に監査している。2018年にはサトウキビサプライヤーの99%がCorbionサトウキビコードに誓約したという。

 また、14名のボランディアにおいて、同品を含む各エモリエント剤を用いた際の保湿状態をコルネオメーターにより測定したところ、塗布後2時間後まで肌の保湿性を改善することが分かった。

 「コロナ禍でヘアケアの意識が高まり、自宅でヘアオイルなどを使用する人も増加していることから、同品を提案する機会も増えそうだ」(同社)

 近年は、パラベンフリーに代表される防腐剤フリーに対する消費者ニーズが増加し、その代替原料として特に植物由来成分が注目を集めている。

 工業用トウモロコシから得られたグルコースを原料に発酵法から得られた植物由来グリコール「Zemea Select プロパンジオール」(デュポン・テート・アンド・ライル・バイオプロダクツ社、Zemea Select プロパンジオールはデュポン・テート・アンド・ライル・バイオプロダクツ社の登録商標)の提案にも力を入れている。

 100%天然由来のサステナブル化粧品原料だ。ライフサイクルアセスメント分析(LCA)によりその製造過程において、石油由来の「1,3-プロパンジオール」と比べて温室効果ガス排出量やエネルギー使用量がそれぞれ56%、42%削減でき、またプロピレングリコールよりもそれぞれ42%、38%の削減になる。



 グリセリンとの併用により優れた保湿効果を示し、 べたつきの少ない、しっとりすべすべの使用感を与える。毛髪には、しっとり感、落ち着き、軽さ、やわらかさを付与する。

 サトウキビ搾汁後の残渣であるバガスを原料とする「Hydrolite 5 green」(Symrise、Hydrolite 5 greenはSymriseの登録商標)は、COSMOS認証を取得した100%天然ペンチレングリコールで、優れた保湿効果に加え、高い顔料分散性、乳化安定性向上効果も発揮する。また、幅広い抗菌スペクトルを有し、高い防腐補助効果を期待できる(表)

 同社は、Zemea SelectプロパンジオールとHydrolite 5 green および防腐機能を有したアミノ酸系湿潤剤を配合した防腐剤フリー処方の検討を実施した。

 化粧水、クリームのチャレンジテストの結果より、これら3原料を併用することで黒カビを含めた微生物に対する防腐補助効果の向上が確認された。さらに、防腐効果の高いパラベンと比較してもエステル油による防腐力低下の影響が少ないことから、これらの組み合わせは多くの剤型への応用が期待できる。

 「これらはCITE JAPANの技術発表でも紹介しており、今後も天然素材の防腐系原料の提案に注力していく方針だ」(同社)

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 10月25日 10時00分
    アルビオン、アルミタイプの「パキッ...
  2. 2位 10月27日 10時00分
    インパクトHD、デジタルサイネージ...
  3. 3位 10月27日 12時00分
    ライオン、涙の油層を安定化させるオ...
  4. 4位 10月25日 11時00分
    アルビオン、化粧品原料「オレイン酸...
  5. 5位 10月27日 13時00分
    花王、SPARCが複数種のコラーゲ...
  6. 6位 10月27日 11時00分
    ホシケミカルズ、海外へのビジネス展...
  7. 7位 10月27日 11時00分
    P&G 2022会計年度 第1四半...
  8. 8位 10月26日 11時00分
    花王、フェムケアスクールを開設
  9. 9位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  10. 10位 10月26日 16時00分
    薬事コンプライアンス特集、薬機法改...
  1. 1位 10月25日 10時00分
    アルビオン、アルミタイプの「パキッ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 10月25日 11時00分
    アルビオン、化粧品原料「オレイン酸...
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 10月21日 12時00分
    花王とコーセー、化粧品事業のサステ...
  7. 7位 10月22日 14時00分
    資生堂、世界最大規模のアニュアルレ...
  8. 8位 10月22日 14時00分
    化粧品専門店アンケート2021、コ...
  9. 9位 10月25日 12時00分
    マンダム、「ギャツビー」から新コス...
  10. 10位 10月22日 13時00分
    ウエルシアHD、収益改善に向け自動...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 10月25日 10時00分
    アルビオン、アルミタイプの「パキッ...
  5. 5位 9月29日 12時30分
    TBM、石灰石主原料のブロー成形ボ...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 5月5日 12時00分
    アルビオン、長年使い続けたくなる化...
  8. 8位 9月29日 10時00分
    花王、ルナソルの「紅茶パレット」がヒット
  9. 9位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  10. 10位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ