企業連載コーナー

大成建設株式会社

Img cat

第2回 BCPは何からはじめるか。ビジネスの現状把握からはじめよう

2012.03.30

 この連載では、BCP構築のポイントについて、ファシリティの視点を踏まえて解説しています。

 今回は、自社の事業の現状把握である事業影響度分析(BIA)がテーマです。

 2012_3_26_BCP図表.jpg◆BCPと防災

 これまでは、火災や地震といったリスクから被災を防ぐための対応を防災対策として拠点単位で検討されてきたと思います。

 これに対しBCPは「自社の製品を重要な取引先に届ける」ことを目的としています。

 原材料・資機材の調達、生産から物流に至る、製品が取引先に届くまでのすべてのプロセスに視野を向け、サプライチェーン全体の対応をまとめることがBCPの姿です。

 そういった意味では、これまで取り組まれた防災活動にサプライチェーンへの対応を加えることがBCPの構築につながると考えられます。

 BCP策定の流れは主に以下の通りです。今回はについてお話しします。

 ①社内体制を決める

 ②中核事業・重要業務・目標復旧時間・重要ファシリティを決める

 ③リスク評価と対応を決める

 ④計画書にまとめる

 ⑤運用する

 ◆ビジネスの現状把握

 自社の事業の現状を把握・評価し、その中でも非常時に優先して対応すべき中核事業(重要製品)・重要業務(重要工程)・重要ファシリティ(建物・建築設備・生産装置・ユーティリティなど)について考えてみて欲しいのです。これが、いわゆるビジネス影響度分析(BIA)です。

 ◆基礎データを収集します

 まずは、生産品目と生産量の現状を把握し、生産が停止した際のおおよその損失額や他工場での代替生産・増量生産の可能性などを把握すると良いでしょう。管理項目としては以下が考えられます。

 ●生産品目

 ●生産量

 ●最大稼働日数

 ●実稼働日数

 ●稼働余力日数(=最大稼働日数-実稼働日数

 ●使用しているファシリティ

 ●取引先別出荷量と売上額

 これらを参考に、売上(利益)・顧客の重要性・市場ニーズなど多面的に評価します。

 ◆中核事業(重要製品)を決定します

 工場の生産品目に対して優先順位付けを行います。生産品目数が少ない場合は、商品の財務評価と顧客評価の視点で特定する場合が多いです。

 ◆中核事業における重要業務(重要工程)を特定します

 方法としては、例えば「A製品を取引先Bに供給する」ことが重要業務であれば、受注→製造→出荷→配送→支払→決済といった業務の流れすべてに関連する業務から特定していくことがポイントになります。

 ◆重要ファシリティを特定します

 特定した重要業務がどのファシリティを使用しているか、その実態を詳細に把握し拠点別にまとめます。

 中核事業に直接関係のないファシリティにおいても、地震による倒壊・火災・爆発・有害物質の漏洩・環境汚染など、従業員の安全確保(負傷・人命・避難障害など)や周辺地域へ影響を及ぼす可能性を考慮し、すべてのファシリティの現状を把握する必要があります。

 各工程で必須のサプライヤ情報もここで整理します。特に重要度の高いサプライヤについては、その企業のファシリティの現状についても一覧にまとめると良いでしょう。

 ◆目標とする復旧時間を決定します

 特定した中核事業が被災して停止した際に復旧すべき時間(期間)を決定します。いわゆる目標復旧時間(RTO)です。これにより、どの程度まで減災対策をすればよいかの目標ができ、適切な投資配分が可能になります。各工程が停止した場合の中核事業への影響、関係者へのヒアリング、取引先のニーズなどから決めていくことになります。

 以上、ビジネス影響度分析を中心にお話ししましたが、自社の事業や社会的ニーズにより変化することが考えられますので、定期的な再評価が必要となります。

 次回は、BCPの戦略づくりと、それを反映させた復旧曲線図について詳述します。

img_profile_post_003510.jpg

企業紹介

大成建設では、従来から「人がいきいきとする環境を創造する」という企業理念のもと、安全で快適な生活環境の整備を通じて社会の持続的発展に貢献することを企業活動の大きな目標としています。

自然との調和を大切にしながら、より豊かな未来を築くことは社会共通の願いです。次の世代へと受け継がれていく新しい価値の創造を目指して、これからも真摯な姿勢で事業活動に取り組んでいきたいと考えています。

http://www.taisei.co.jp/

アクセスランキング

  1. 1位 11月30日 11時00分
    資生堂、タンパク質繊維を用いた化粧...
  2. 2位 12月1日 10時00分
    2022年 卸流通化粧品、新たなニ...
  3. 3位 11月29日 11時00分
    マツキヨココカラ、美容感度の高い顧...
  4. 4位 12月1日 10時00分
    小林製薬、兵庫県宍粟市と包括連携協...
  5. 5位 11月30日 12時00分
    仏・ロレアル、韓国でラグジュアリー...
  6. 6位 12月1日 11時00分
    クオールHD、在宅調剤を強化し23...
  7. 7位 11月30日 13時00分
    サンドラッグ、1兆円に向け事業規模...
  8. 8位 11月30日 14時00分
    2022年9月の化粧品出荷額5.9...
  9. 9位 12月1日 12時00分
    2022年9月の家庭用洗浄剤出荷額...
  10. 10位 11月29日 10時00分
    化粧品業界、アフターコロナを見据え...
  1. 1位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  2. 2位 11月25日 10時00分
    アルビオン、組織変更(2023年1...
  3. 3位 11月25日 11時00分
    コーセー、2022年12月期第3四...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 11月25日 12時00分
    PALTAC、先行投資を進め、売上...
  6. 6位 11月24日 13時00分
    花王、レジリエントな新しい生産シス...
  7. 7位 11月23日 14時00分
    花王、「鬼滅の刃」とのコラボで需要喚起
  8. 8位 11月24日 11時00分
    コーセー、役員人事(2023年1月...
  9. 9位 11月28日 11時00分
    資生堂、唇の角層成分を包括的に解析
  10. 10位 11月24日 10時00分
    コーセー化粧品販売、組織変更・人事...
  1. 1位 4月6日 13時00分
    テスティー、15~24歳女性を対象...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 11月4日 11時00分
    資生堂、世界初のサステナブルな化粧...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 11月1日 16時00分
    ライオン、下期は「Lighteeハ...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  10. 10位 11月21日 14時00分
    ライオン、手肌のうるおいを保つ薬用...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ