化粧品OEM業界の市場動向・トレンドまとめ

【2023年最新比較】代表的な化粧品OEMメーカーを徹底比較!対応できる化粧品や特徴をまとめて比較できます。また、本記事ではOEMメーカーとの商談や依頼で失敗しない進め方も紹介します。

化粧品OEMメーカーとは?おすすめの理由

化粧品OEMメーカーとは、他の企業やブランドのために化粧品の製造や開発を行う専門の企業を指します。化粧品OEMメーカーを利用することで、ブランドは製造設備や技術的なノウハウを持たなくても、自社のブランド名での製品展開が可能となります。

初期投資のコスト削減

化粧品のビジネスをスタートする際、初期投資は大きなハードルとなります。しかし、OEMメーカーを利用することで、製造設備や研究施設の導入、専門的なスタッフの採用など、高額な初期投資を大幅に削減することが可能です。
OEMメーカーは既に確立された製造プロセスと技術を持っているため、新たに設備を導入するコストや時間を節約しながら、迅速に市場に製品を投入できます。
ブランド立ち上げの際のリスクを低減し、効率的にビジネスを展開するためには化粧品OEMメーカーの活用は必須です。

在庫リスクの低減

物販において、在庫の管理は非常に重要です。過剰な在庫はキャッシュフローの悪化などの損失を招く可能性があります。
化粧品OEMメーカーを利用することで、適切な生産量を柔軟に調整することができ、製品の在庫リスクを大幅に低減することが可能となります。
化粧品OEMメーカーの利用は、在庫に関連するリスクを効果的に管理し、安定したビジネス運営をサポートします。

販売業務に専念可能

化粧品市場は日々変化し、ブランドの成功は迅速な意思決定と確かな戦略が求められます。
化粧品OEMメーカーを利用する最大のメリットの一つは、製品の製造や品質管理などの生産業務を専門家に委ねることで、企業やブランドが販売やマーケティング、ブランド戦略の構築に全力を注ぐことができる点にあります。
製造の専門的な部分を信頼できるパートナーに任せることで、販売チームは市場の動向のキャッチアップや顧客との関係構築、新しいプロモーション戦略の開発など、売上向上のための活動に専念することができます。

おすすめのOEMメーカーの比較表

メーカー名  TOA(旧日本コルマー)株式会社 天真堂 フェイスラボ エア・ウォーター・リアライズ ホシケミカルズ
地域 大阪本社、他国内13拠点 東京本社、他国内1拠点 静岡本社、他国内2拠点 東京本社、他国内12拠点 東京本社
最低ロット数 3,000個 1,000~3,000個 3,000個 5,000個 3,000個
オンライン商談 可能 可能 可能 可能 可能

化粧品OEMメーカーの選び方

専門分野から選ぶ

化粧品の市場は分野や嗜好性が多岐にわたり、各ブランドや商品にはその独自の特色や強みがあります。
OEMメーカーを選ぶ際の鍵となるポイントの一つは、そのメーカーの専門分野を考慮することです。

例えば、あるOEMメーカーはアンチエイジング製品の研究開発に長けているかもしれませんし、別のメーカーはオーガニックやナチュラル製品に特化しているかもしれません。
さらに、スキンケアやメイクアップ、ヘアケアなど、化粧品のカテゴリごとに専門的な知識や技術を持ったOEMメーカーも存在します。

ブランドや商品のコンセプト、ターゲットとする市場や顧客層に応じて、OEMメーカーの専門分野を確認し、それに合わせて最適なメーカーを選択することで、高品質で競争力のある製品を開発することが可能となります。そのため、OEMメーカーを選ぶ際は、彼らの過去の実績や専門分野、提供するサービスや技術を詳しくリサーチし、自社のニーズと合致するかどうかをしっかりと評価することが重要です。

ロット数から選ぶ

化粧品ビジネスを展開する際、製品の生産量やロット数は非常に重要な要素となります。OEMメーカーを選ぶ際のポイントとして、生産可能なロット数を基準に選択する方法も効果的です。

初めての製品ローンチや小規模ブランドの場合、大量の製品を一度に生産することはリスクが伴います。そのため、小ロットから生産が可能なOEMメーカーを選ぶことで、市場の反応を確かめながら生産量を調整することができます。また、限定商品やシーズン商品を出す際にも、小ロット生産が可能なメーカーを選ぶと効果的です。

一方、大手ブランドや大量の製品を必要とする場合は、大ロットでの生産が可能なOEMメーカーを選ぶことで、一度の生産で多くの製品を確保し、コスト削減を図ることができます。

OEMメーカーを選ぶ際は、自社のビジネススケールや戦略を明確にし、それに合わせて最適なロット数を提供するメーカーを選択することが、成功の鍵となります。メーカーの過去の実績や対応可能なロット数、製造スピードなどを詳しく確認し、自社のニーズに最も合致するパートナーを見つけることをおすすめします。

任せられる仕事で選ぶ

化粧品ビジネスにおけるOEMメーカーの選び方の一つとして、委託する仕事の範囲や内容に基づいて選ぶ方法が考えられます。

OEMメーカーには、製品のフォーミュレーションからパッケージデザイン、品質検査、そして製品出荷に至るまでの一連の作業を一手に引き受ける企業もあれば、特定の分野に特化したサービスだけを提供する企業もあります。したがって、自社の要望や能力に応じて、どの段階から外部委託するのか、または何を自社で行いたいのかを明確にすることが重要です。

例えば、既にオリジナルの製品フォーミュレーションを持っているが、製造やパッケージングを専門のメーカーに依頼したい場合、そのニーズに特化したOEMメーカーを選択すると良いでしょう。逆に、製品開発から販売までの全工程をOEMメーカーに任せたい場合は、ワンストップサービスを提供する企業の選定が適しています。

このように、OEMメーカーを選ぶ際は、具体的にどの部分を委託したいのか、どれだけの仕事を任せたいのかを明確にし、それに適した企業を選択することで、スムーズな製品開発と効率的なビジネス展開が可能となります。

おすすめはこちら

TOA株式会社(旧日本コルマー株式会社)

日本コルマー株式会社は、化粧品・医薬部外品の設計から開発・生産までのすべてを手掛ける企業です。 基礎化粧品からメイクアップ化粧品まで、ほとんど全ての化粧品を生産することができるのはもちろん、化粧品事業への新規参入やすぐに新製品を市場に展開したいと考えておられる等、あらゆるクライアントニーズにお応えする最も頼もしいパートナー企業であることを心掛けています。

おすすめのポイント

  • あらゆる化粧品の生産が可能
  • 豊かな国際性
  • ワンストップトータルサービス

得意な商品

「製品の中身から容器・包装資材の提案」や「販路や顧客層に合わせた、商品コンセプトの提案」「オーダーメイド化粧品」など、化粧品作りに関する全ての悩みを解決します。まずは、ご連絡ください。

天真堂

株式会社天真堂は、“売れる商品”を追求し、これまで数々のヒット商品を企画。医薬部外品、化粧品、機能性表示食品、健康食品、医薬品に対応し、商品開発から、物流支援や海外進出支援など、事業立ち上げをワンストップでサポートいたします。

おすすめのポイント

  • 最適な容器を、小ロット×低コストで
  • ノウハウを活かした売れる商品デザイン
  • 自社運営による最速のロジスティクス

得意な商品

天真堂は自社プライべートブランドで20億円を売り上げた実績、そして400社以上のクライアント様とのOEM取引実績から、エンドユーザーに「売れる」「売れ続ける」ことを目的とした効果実感の高い処方の企画開発に自信があります。現在、効能・効果別に医薬部外品(薬用化粧品)をOEM ラインとして多数ストックしています。

ホシケミカルズ

ホシケミカルズ株式会社は、コンセプトづくりからの企画提案にはじまり、研究、生産、品質管理、パッケージングなど、化粧品制作にかかわる一切の問題に一貫して対応いたします。 研究部門による独自処方開発、マーケティングに基づいた“市場ニーズ先行型の化粧品・医薬部外品”企画をベースに、オンリーワン製品をご提案。国内4工場とインドネシアに容器・メイク製造拠点を構える。2016年よりヤマト運輸グループと連携し、化粧品越境EC支援開始。

おすすめのポイント

  • トータルサポート力
  • 開発力・提案力
  • 原料力
  • 容器力

得意な商品

基礎化粧品や医薬部外品、メークアップ製品のOEMはもちろん、ボディ、毛髪、芳香、口腔など幅広いジャンルの製品に対応し、商品企画から・製造・品質管理・薬事対応まで貴社のオリジナル化粧品をトータルでサポートさせて頂きます。

フェイスラボ

企画立案から受託製造まで、柔軟・迅速・確実な体制と、研究開発力でお客様のご要望にお応えします。 化粧品・医薬部外品、さらに健康食品の企画・開発・製造、また海外への展開のサポートなど、多様なお客様のニーズに合わせたご提案をさせていただきます。

おすすめのポイント

  • ワンストップの内外美容
  • 産学連携の独自素材研究
  • 欧米、アジアを含む多数の輸出実績

得意な商品

医薬部外品、化粧水、乳液、クリーム、美容液、化粧落とし、洗顔剤、パック、サンスクリーン、リップクリーム、アイライナー、液状ファンデーション、シャンプー、ヘアコンディショナー、ヘアトニック、育毛剤、トリートメント、ヘアワックス、スリミング、デオドラント等

エア・ウォーター・リアライズ

エア・ウォーター・リアライズ株式会社は、エアゾール製品、一般充填品、化粧品を主な柱とする総合OEM/ODMメーカーとして、あらゆる産業に製品を供給しています。最大の特長は、その網羅性。大きく人体用品、家庭用品、塗料、工業・自動車用品といった4つのカテゴリすべての分野で事業を展開しているのは、この業界で他にない強みです。

おすすめのポイント

  • 少量から大量生産まで対応した生産供給システムを確立
  • 液体化粧品からエアゾール化粧品まで、幅広い剤型に対応
  • クレンジングオイルやヘアオイルなど、危険物処方にも対応

得意な商品

化粧品、医薬品、医薬部外品、動物用医薬品、動物用医薬部外品、食品、農薬、塗料、家庭用品、自動車用品、工業用品、液体充填、その他

東洋ビューティ

東洋ビューティ株式会社は、化粧品・医薬部外品のOEM専門メーカーです。多品種・小ロット対応型生産設備の最新化・多様化に積極的に取り組み、多品種少量生産から大量生産と、お客様の多様なニーズに対応し、技術指向をベースとした積極的で、強力な提案型OEM事業を推進しています。 お客様のご要望に最も的確にお応えするベストパートナーとして、「機能性に裏打ちされた夢のある化粧品創り」を目指しています。

おすすめのポイント

  • 化粧品OEMを熟知した営業・研究・生産の連携によるフレキシブルでスピーディーな対応
  • 機能性に裏打ちされた化粧品創りを追求
  • 科学的知識をもった営業スタッフが化粧品創りをトータルサポート
  • 多品種少量から大量生産まで対応可能
  • 厳しい品質管理体制

得意な商品

化粧水や美容液などの化粧品から、シャンプーや育毛剤などのヘアケア製品、入浴剤といったボディケア製品まで、多様な品目を取り扱っています。

日本色材工業研究所

株式会社日本色材工業研究所は、化粧品・コスメに関わる商品の一貫製造、受託製造、容器・製品デザイン、パッケージ等すべてのニーズをトータルサポートいたします。

得意な商品

基礎化粧品:化粧水、乳液、クリーム、洗顔 等 メイクアップ化粧品:ファンデーション、口紅、マスカラ、アイライナー、アイカラー、チークカラー 等 日焼け止め化粧品:クリーム、ローション 等 医薬部外品:美白製品、アクネ用製品 等

近代化学

近代化学株式会社では、パーマネントウエーブ剤、ヘアカラー、シャンプー、リンストリートメント剤、ヘアスタイリング剤をはじめとする頭髪用化粧品を総合的に製造している他、オーガニックを含む化粧品類、医薬部類を製造しています。 また、これらの商品の輸入販売、輸出についても取り扱っており、国内・国際市場を視野に入れた営業展開をしています。時代の情報をすばやくキャッチし、お客様のニーズに応える商品の企画開発から製造までを受け賜っています。

おすすめのポイント

  • ユニークで面白みのある商品、機能的で使いやすい商品
  • 小ロット多品種生産から大規模ロットまでをフレキシブルに対応する生産工場

得意な商品

日本で初めてパーマネントウェーブ剤(コールドウェーブ)を開発・発売以来、毛髪化粧品メーカーとして、時代のニーズを先取りした製品を研究開発し、ヘアサロンにお届けしてまいりました。 創業以来、品質と優しさをテーマに、パーマネント剤をはじめ、ヘアカラー、シャンプー、リンス、スタイリング剤から育毛剤にいたるまでヘアサロンでプロの使用にたえる製品を幅広く提供しております。

ケイズ

化粧品容器の卸販売や化粧品の研究開発・製造を手がけるケイズでは、独自の特殊な分散技術を活用した特長ある製品の提案と、効率的な営業活動の両輪でさらなる成長を目指す。

おすすめのポイント

  • 化粧品の処方の研究開発・製造からパッケージ
  • 化粧品の容器・パッケージの企画、デザイン
  • 容器の品質検査から中身の受託製造まで、工場もオールインワン体制

得意な商品

スキンケア、​ヘアケア、ボディケア・ネイルケア、 ​フレグランス、アルコールなど

セントラル・コーポレーション

株式会社セントラル・コーポレーションは、創立1980年から「起業・こだわり製品」の小ロット製造支援を続けて41年の化粧品製造・研究会社です。わずか「100個から」でも化粧品・健康食品をOEM製造致します。在庫バルクの小分けではなく「貴社専用」にゼロからお作り致します。創業から一貫して人を助ける独立支援企業を目指しております。

おすすめのポイント

  • 生ヒト幹細胞 培養液(ヒト脂肪細胞順化培養液エキス)[ナノ化・リポソーム加工済] 「幹細胞」主成分の成分濃度が25倍
  • 「活性型」EGF・FGF(他 TGF.VEGF.IGF.KGF.SCF等)[ナノ化・リポソーム加工済] 活性度(IU値):1~1.2×107[IU/mg](※通常は106 )
  • 「発酵抽出」馬プラセンタ[ナノ化・二重リポソーム加工済]

得意な商品

●スキンケア化粧品 ●ヘアケア化粧品 ●メイクアップ化粧品 ●薬用化粧品(医薬部外品) ●フレグランス化粧品 ●男性用化粧品

東色ピグメント

東色ピグメント株式会社は1951年の創業以来、「品質重視の行動」「納期重視の行動」「コスト重視の行動」を行動指針に、機能性粉体原料の販売を始めとし、中間製品から最終製品までを一貫して行える唯一の化粧品受託メーカーとして業界から高い評価を頂いております。

おすすめのポイント

  • 原料開発・製造を出発点とした処方化から製品化
  • 品質保証を含めた総合的なサービスを提供できるCMS(Cosmetic Manufacturing Service)
  • 粉体原料の開発から、メイクアップを主体とした化粧品の開発から製品化までを一貫

得意な商品

OEM:メイクアップ化粧品、医薬部外品、基礎化粧品、トイレタリー製品 化粧品原料: 粉体原料、表面処理粉体原料、特殊機能粉体、複合化粉体原料

ジャパンビューティプロダクツ

株式会社ジャパンビューティプロダクツは、基礎化粧品からヘアケア、メイクアップ化粧品、医薬部外品のOEM専門メーカーです。

おすすめのポイント

  • "技術"と"感性"の両面から研究開発にアプローチ
  • ジャパンビューティプロダクツならではの処方の蓄積と豊富な経験を有する研究開発スタッフ
  • 多岐にわたる原料メーカーとのパートナーシップ

得意な商品

■主力製品 ノンケミカルUV製品、二重まぶた用化粧品、ペンタイプアイブロウ・アイライナー、 まつげ美容液、ヴィーガン・ナチュラル対応処方製品、 マスカラ、ヘアバーム、つけまつげ用接着剤

化粧品OEMメーカーと自社生産どちらがいい?

化粧品OEMメーカーを利用したほうが良い場合

OEMを利用する最大の利点は初期投資の削減です。
自社で製造設備やスタッフを持つ必要がないため、コストを低く抑えることができます。
さらに、製造の専門家に製品を委託することで、技術的な問題や品質管理の面での安心感が得られます。

また、既存の製造ラインを使用するため、市場への製品の導入も迅速に行えます。
ただし、同じOEMメーカーを利用する他のブランドとの差別化が難しくなることや、メーカーとのコミュニケーションのミスマッチが生じるリスクも考慮する必要があります。

自社生産を検討したほうが良い場合

自社生産を選ぶ場合の利点は、製品の全ての段階を自社でコントロールできることです。これにより、他のブランドとの明確な差別化や、独自の技術や製造方法の導入が可能となります。また、製品の秘密や特許技術などの情報を保護することも容易です。しかし、この選択のデメリットとして、製造設備やスタッフのコストなど、高額な初期投資が必要となります。さらに、製造に関わるリスクを自社で負担しなければならないことも念頭に置く必要があります。

ケースバイケースで検討する

具体的なケースとして、新しいブランドやスタートアップは、市場の反応をテストしながら初期投資を抑える目的でOEMの利用が適しています。一方、独自技術や特許を持つブランドは、情報の保護やブランド独自性を重視するため自社生産が推奨されます。大量生産を目指すブランドはOEMによるコスト最適化が有利で、高品質な製品を追求するブランドは自社生産による品質コントロールが必要です。

結論として、OEMと自社生産のどちらを選択するかは、ブランドのビジョン、資金状況、市場の動向など、多様な要因を考慮して総合的に判断する必要があります。

化粧品OEMメーカーの失敗のしない選び方

経験と実績のあるメーカーを選ぶことが大切です。業界で長年にわたって活躍してきたメーカーは、品質の高い製品を作り上げるための技術やノウハウを蓄積しています。

製品の品質管理に力を入れているメーカーを選ぶことが重要です。化粧品は人の肌に直接触れるため、品質に問題があると健康に悪影響を及ぼす可能性があります。製品の品質をしっかりと管理しているメーカーを選ぶことで、製品の品質を担保することができます。

開発力や技術力に優れているメーカーを選ぶことが望ましいです。常に最新のトレンドや技術を取り入れ、革新的な製品を開発することで、競争力を維持することができます。

オンラインでの評判や口コミも参考にすると良いでしょう。実際に取引を行ったことがある人々の評価や感想を確認することで、メーカーの信頼性や実績を把握することができます。
ホーム > まとめニュース > 化粧品OEM業界の市場動向・トレンドまとめ

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop