資生堂、こころの可視化で肌・身体とのつながり解明

C&T 2024年6月17日号 29ページ

カンタンに言うと

  • 様々な分野での新価値創出へ基盤技術開発も強化
資生堂、こころの可視化で肌・身体とのつながり解明

 資生堂のグローバルイノベーションセンター(GIC)は、脳科学・心理学・感性工学の観点から、「肌・身体・こころ」のつながりに着目し、スキンビューティーからビューティーウェルネスへと研究領域を広げ、新しい領域での価値創出を図っている。

 2024年春よりインナービューティーブランド「SHISEIDO BEAUTY WELLNESS」の展開を開始するなど新たな研究成果として、製品開発への応用化も進んでいる。

 GIC・みらい開発研究所のシーズ開発センター主任研究員・岡﨑俊太郎氏と研究員の長島愛氏に、化粧品における感性研究の意義や価値について、自社研究の取り組み事例とともに話を聞いた。

あと79%

C&Tの有料プラン(制限なし・制限あり)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 資生堂、こころの可視化で肌・身体とのつながり解明

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop