トレンドExpress、中国・電子商務法による越境ECへの影響を展望

粧業日報 2019年2月5日号 2ページ

トレンドExpress、中国・電子商務法による越境ECへの影響を展望
 2019年1月1日より、中国政府が電子商取引の規制強化に向けて新たな電子商務法を施行したことで、好調に推移してきた日本製化粧品の越境ECを軸にしたアウトバウンド(輸出)に影響があるのではないかとの懸念が広がっている。

 施行された電子商務法は、EC出店者のコンプライアンス義務の強化とともに、ECプラットフォームを運営する企業の管理義務を強化することで、ECビジネスの健全化を図るのが狙いだ。

 しかし、法人格はもとより個人の代理購買者もネットで商売をすれば、EC出店者と見なされ、中国と購買国の双方で営業許可証の取得が必要になり、さらに納税義務が生じる。

あと89%

粧業日報の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > トレンドExpress、中国・電子商務法による越境ECへの影響を展望

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop