コーセー、「マーメイドジャパン」メーク講習会を実施

粧業日報 2023年3月10日号 3ページ

コーセー、「マーメイドジャパン」メーク講習会を実施
 コーセーは3月1日、味の素ナショナルトレーニングセンターにて、アーティスティックスイミング日本代表「マーメイドジャパン」メーク講習会を実施した。

 同社は、美の創造企業として、「美」「芸術性」「ファッション性」などの要素を含む各種スポーツ競技において、さまざまな側面から振興支援を行っている。

 「マーメイドジャパン」については、2006年4月にオフィシャルスポンサー契約を締結して以来、継続的な支援活動を行ってきた。演目に相応しいメーク表現や、水中の激しい演技でも崩れにくいメークテクニックを指導することで、選手が安心して演技に集中できるようサポートをしている。

 メーク講習会では、コーセーメークアップアーティストの石井勲氏により、水着や演目の世界感にあわせて考案したメークを選手に指導した。

 ベースメークには、「ファシオ」や「メイク キープ パウダー」など耐久性に優れた市販品を中心に使用。ポイントメークには「ヴィセアヴァン」や「アディクション」など発色が良いアイシャドウやリップを使い、華やかで、審査員の印象にしっかり残るメークに仕上げた。

 大会当日は選手自らメークを行うため、石井氏のレクチャーを受けた後に選手自身の手でもメークを行ってもらった。メーク後は、一列に並び、審査員席を想定した位置から全員が同じような顔立ちに見えるかどうかを確認。個々の顔立ちや肌の色に応じて、チークの位置・アイラインの太さや長さを個別に調整し、細かいニュアンスを改良した。アーティスティックスイミングのメークは演技の表現力に大きく影響を与えることから、チームのフリールーティンのテーマ「チェス」をイメージし、目の下にもアイラインを引き、目尻は2本太く跳ね上げることでかっこいい騎士をイメージしたメークに仕上げた。

 石井氏は講習会を終えた感想について「アーティスティックスイミングのメークは一般のメークと違い、世界観を高めることが重要であり、水着の中のインパクトのある色を取り入れることを意識した。大胆なライン使いと繊細なコントラストといったテクニックに加え、ポップな水色と情熱的な赤をバランスよく配置することでポジティブな印象に仕上げた」と語った。
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > コーセー、「マーメイドジャパン」メーク講習会を実施

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop