2022年度ヘアケア市場規模、3.0%増の5128億円

粧業日報 2023年6月13日号 1ページ

カンタンに言うと

  • ハイトーンカラーの流行によりダメージケア訴求の投入進む
  • 発毛・育毛剤の好調も貢献、女性・若年層への提案が鍵
2022年度ヘアケア市場規模、3.0%増の5128億円
 矢野経済研究所は、2021年度の国内ヘアケア市場規模(毛髪業市場、植毛市場、発毛・育毛剤市場、ヘアケア剤市場の合計)を前年度比9.7%増の4977億5000万円と推計している。22年度のヘアケア市場は、発毛・育毛剤市場とヘアケア剤市場が全体の推進力となり、前年度比3.0%増の5128億円になると予測しており、23年度以降も市場は拡大傾向で推移する見通しを示している。

 全国理美容製造者協会(NBBA)が発表した「2022年度サロンユーザー調査」(全国の15~79歳までの女性で最近1年間に3回以上美容室を利用している者、n=6400、インターネット調査)によると、最近1年間の美容室での「ヘアカラー」利用率は62.7%(15~69歳ベース)で、21年と比べ3.1P上昇しており、19年以降増加傾向が続いている。

あと80%

粧業日報の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 2022年度ヘアケア市場規模、3.0%増の5128億円

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop