週刊粧業2024年7月1日(第3396号)

週刊粧業 2024年7月1日号

週刊粧業2024年7月1日(第3396号)

■特集・アンケート調査~消費者(20~30代女性412名)が求める化粧品・日用品2024

 朝の化粧時間は0.19分伸長し、休日のスキンケアも0.62分増加

 限られたお金や時間の中で、レベルを落とさずにきちんと手入れをする――。美と健康については、そんな現代女性のライフスタイルが浮かび上がってくる。20~30代女性412名に行った今回のアンケート調査では、2021年と同様、「朝」「昼」「夜」「休日」といった生活シーンにおけるヘルス&ビューティ商品の仕様状況や注目カテゴリーなどについて尋ねた。開設では、3年前との比較も行っている。女性が増えたことに伴い、美と健康に割ける時間が少なくなってきていたが、コロナ禍を経て、お手入れの時間は伸びているようだ。コロナ禍で新たに生じてきたニーズに迅速に対応していくことが求められている。

【第1集】

■朝~忙しい朝こそタイパ重視の傾向、時間をかけたい行動にメリハリ

質問項目/起床後、洗顔、歯磨き、化粧、スタイリングなどで最も時間をかけたい・短縮したい項目は何ですか?、朝の洗顔時に使用するものは次のどれですか? ほか11項目

■昼~口もとに対するメーク意識が向上、持ち運びの便利さが支持を集める

質問項目/昼食後、歯磨きをしますか?、昼間、メーク直しは何回しますか?、昼間、洗顔料が使えない場合は何で代用しますか? ほか9項目

■夜~細かい悩みに対応する部分用や多機能アイテムの需要が増加

質問項目/入浴時にいつも使用するものは何ですか?、就寝前はスキンケア化粧品を使いますか?、就寝前のスキンケアで使用するアイテムはどれですか? ほか10項目

■休日~スキンケアの単価がアップ、メークと合わせ市場は回復

質問項目/外出の予定がなくてもメークしますか?、休日に外出する場合、化粧ポーチに入れるアイテムは平日と変わりますか? ほか3項目

■【2024年秋のベスト商品】

〈化粧品〉

◎資生堂~「極上つるん肌」が叶う美容液クッション登場

◎花王~幸せ肌印象を引き出す新美容液

◎コーセー~ライスパワー№11配合薬用導入美容液を刷新

◎アルビオン~360°どの角度からも隙のない美しいハリ肌へ

◎ポーラ~瞬時に魅力引き出すポイントメークを提案

◎ノエビア~最高峰スキンケア「スペチアーレ」を拡販

◎日本メナード化粧品~男性の肌特性に着目した新グループ

◎ナリス化粧品~ワンリストの新色好調、販路拡大へ

◎ファンケル~30歳前後の新スキンケアブランド

◎ヒノキ新薬~輝くようなハリ肌に導く新美白美容液

◎ホワイトリリー~美白と抗シワに効果的な美容オイル

◎伊勢半~アイブロウマスカラをリニューアル

◎ダリヤ~「サロン ド プロ」から新ヘアカラー

◎マンダム~好調シリーズに高機能マルチオイル

◎アテニア~髪のボリューム、頭皮の柔軟性に着目

◎新日本製薬~浸透力がアップした薬用オールインセラム

◎ウテナ~美容保湿成分を配合したオールインワン

◎ランクアップ~スキンケア成分を配合した洗濯用洗剤

◎ヴェルジェ~目もと用美容液「RA⁻ESⅡ」を発売

◎RAPHAS JAPAN~アクロパスとカラダアレンジから新商品

◎TENSHIN~5倍浸透の薬用育毛剤が好調

〈日用品〉

◎花王~発売8カ月で累計出荷800万本達成

◎ライオン~機能強化で食器洗いを前向きな家事へ

◎天真堂~スーププロテインの個包装タイプを拡充

◎バスクリン~旅行需要の回復でハワイの入浴剤が好調

◎クラシエ~キシキシ髪をケアする新ラインが登場

◎サンスター~口臭と着色汚れの元をWクレンジング

◎マリアンボレ~クレイタイプの洗浄アイテムが好調

◎ユニ・チャーム~バイカラーマスクの大容量パックを発売

◎牛乳石鹼共進社~発売3カ月で年間目標を達成

◎エステー~猫の健康や使いやすさを配慮

■特集/サプライヤー各社に聞く我が社の人材育成

◎天真堂~リファラル採用の導入で定着率向上、「ミドルマネジメント」研修を始動

◎エア・ウォーター・リアライズ~共通認識を深め組織文化を醸成、事業多角化の促進で成長加速へ

◎岩瀬コスファ~研修制度や福利厚生が充実、人的資本経営の可視化を視野に

◎ネオネクリエーション~社員の積極性と目的意識を重視、進化するAI技術も育成に活用

◎池田物産~即戦力の人材採用と社員の要望に応じた柔軟な働き方を推進

◎アンズコーポレーション~変化を恐れず失敗から学ぶ人材を増やし、柔軟性ある組織を目指す

◎ノーベル化学宏業~より良いモノづくりに挑戦する風土醸成へ、若手人材の育成強化

◎サティス製薬~豊かな変化力で臨機応変に対応、人材の適材適所が組織の成長に

■特集/脱炭素・省エネ・節水に貢献する技術・アイデア

◎ニッコールグループ 日光ケミカルズ、日本サーファクタント工業~CO2排出量の実態把握から削減に向けた取り組みを強化

◎一丸ファルコス~機能性向上と環境配慮を両立した濃縮タイプが好調、品目拡充に意欲

◎ホシケミカルズ~環境GS認定の群馬工場を軸に製造プロセスでの省エネを推進

◎マツモト交商~合成素材からバイオマス素材へ脱炭素に貢献する3原料を紹介

◎東洋ビューティ~CSRの紐づけで活動に新たな価値、サステナビリティ重視の提案も強化

◎プラシーズ~環境配慮でも挑戦し続ける企業へ釜石工場はカーボンオフセット推進

◎ネオネクリエーション~事業所における約9割の電力を再生可能エネルギーから供給

◎DOC Japan~アミノ酸系界面活性剤処方のぬめり感を軽減して節水に寄与

◎みらい中央研究所~全成分EWGグリーン等級のスキンケアシリーズを開発

その他掲載企業/理工協産、ファーメンステーション

ホーム > バックナンバー > 週刊粧業2024年7月1日(第3396号)

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop