ポーラ化成、新事業をスタート

訪販ジャーナル 2021年12月6日号 1ページ

2021年12月8日 11時00分

Hj20211208 3

 ポーラ・オルビスグループの研究・開発・生産を担うポーラ化成工業は、ウェルネステックプロジェクト「me-fullness(ミーフルネス)」をスタートした。

 me-fullnessとは、心(mind)と体(body)、つまり自分自身(me)が満たされている状態を表す造語であり、同社では疲労やストレスにより「リラックスできない」「集中できない」「本来の能力を発揮できない」といった悩みを抱える人が多く存在する現状に着目。me-fullnessの実現を通じて、誰もが十分に自分の能力を発揮できる世界を目指す。今後、「自身の状態」を分析し、「ありたい状態」へシームレスに切り替えられる様々な技術を活用し、QOLの向上を通じてウェルビーイングの実現に貢献していく。



自分と合う五感体験で心身が満たされていくアプリを始動

 第1弾として、これまで自社内で蓄積されてきた技術をベースにスマートフォン向けアプリを開発した。

 自己の状態分析には、顔や指先の微細な色変化を撮影した動画から心や体の状態を推定する機能を搭載。また、化粧品の感触づくりを起点とした触覚研究をもとに、五感を通じて心や体を満たす体験プログラムを構築した。これらにより、その時々の状態に基づき自分のありたい状態に近づける体験が可能となる。例えば、オンタイム用として、集中するために頭をシャキっと活性化させる、頑張った後などに思考をクールダウンさせる、オフタイムなどに心身を解放させるといった自分の状態にあわせた振動刺激、音楽、アート画像を提供するメニューを用意した。

 20~50代の男女約1500名を対象に行った実証試験では、約7割が気持ちの切り替え効果を実感したと答え、9割以上がさらなる体験メニューにも期待を抱くなど、多くの人が心や体の切り替えを実感したことが確認できたことから、今後アプリを活用して事業化を目指す。アプリは7月から先行して企業向けにテスト導入を行っており、年内には一般向けにもリリースする予定だ。

 プロジェクトでは、アプリの機能拡充にとどまらず、分析技術の進化(睡眠状態・脳活動・・パフォーマンスなど)や五感を通じた体験メニューの拡張(食・香り・アート・コミュニケーションなど)を目指している。

 そのため、プロジェクトの特別顧問に、実業家・作家・ビジネスプロデューサー・テクノロジーストラテジストとしてマルチに活躍する小沼敏郎氏を招き、広くオープンイノベーションのパートナーを募集している。

 このプロジェクトを5年前の構想段階から主導してきた、化粧品技術に関する国際的学会「IFSCC」の最優秀賞(ポスター部門)を受賞した経験をもち、美白王子としても呼ばれていたこともある本川智紀氏(フロンティアリサーチセンター 上級主任研究員)に、開発の狙いや現在の進捗、今後の展望について話を伺った。

2つの化粧品技術を活用し自分に合う五感体験の提供へ

 ――開発の経緯を教えてください。

 本川 入社以来、約20年にわたり美白一筋で研究に取り組み、5年ほど前から新たな取り組みとしてこのプロジェクトを主導してきた。

 化粧品の開発技術を通じて化粧品以外の価値を創出していこうという会社方針が打ち出される中、より多くの人々に心身が満たされる瞬間を体験してもらえるような世界を、化粧品の開発技術をうまく活用してつくっていきたいと考え、自分に合った五感体験で心身が満たされていく技術の構築に取り組んだ。

 「me-fullness」はウェルビーイングとほぼ同義で、心と体が満たされるような体験が日常の当たり前になることを目指している。

 心身が満たされた状態に導くことができれば、心にも余裕が出てきて、些細な瞬間とかに豊かさとか幸せを感じられるようになり、色々なことにチャレンジするときの大きな支えになる。そのような世界を目指し、開発を進めてきた。



 ――スマートフォン向けアプリに盛り込まれた技術について教えてください。

 本川 自分と合う五感体験で心身が満たされていく技術を構築するうえで、主に2つの化粧品技術を活用した。

 1つ目は、自分自身の心と体の状態を簡単に知るという技術であり、通常はアンケート形式で行うが、それを継続的に行うことは難しく、自分の精神状態を自分自身で把握するのは困難といえる。そこで着目したのが、我々が得意としている肌分析技術だった。

 肌はよく内面を映し出す鏡といわれているが、肌を見れば簡単に自分自身のことがわかるのではないかと考えた。実際、ストレスや疲労が溜まると、肌がかさついたり、吹き出物が出たりすることを解明していた。肌と心の関係性に着目して既存の肌分析技術をうまく活用できれば、その奥底にある内面の状態を分析できるのではないかと考えた。そして実際に、肌状態とストレスや疲労の状態のデータを収集し、肌から自分の状態を分析するロジックを構築した。

 開発にあたっては、顔から疲労・ストレス状態を分析すべく、3つのアプローチで技術の構築に取り組んだ。

 まず1つ目のアプローチとして、顔色の微細な変化を解析する技術を構築した。実は我々の顔は血流により約1秒ごとに微妙に肌色が変化している。この顔色の変化を検出することで、心拍数や自律神経の状態を推定することができる。

 次に2つ目のアプローチとして、既存の肌分析技術を応用した。ストレスや疲労が溜まると肌のコンディションが悪化するため、肌の質感を分析することで疲労リスクを分析することができる。

 最後に3つ目のアプローチとして、POLAのスキンケアブランド「APEX」で採用している「角層分析」の技術を応用した。当社では角層細胞の形と血液・尿の中に含まれる疲労物質との間に関係性があることを突き止めた。角質細胞の画像を分析することで、疲労状態をより深く分析することができる。

 アプリの設計にあたっては、自宅や職場で気軽に使ってもらうことを想定し、まずは1つ目の「簡単に自分を知る技術」と2つ目の「気軽に心身を満たす技術」を盛り込んだ。将来的には3つ目の「角層分析技術」についてもアプリに搭載していく予定だ。

 ――盛り込まれたもう1つの化粧品技術について教えてください。

 本川 自分の心と体の状態を把握したうえで、自分の心と体を満たす体験をつくっていく課題に対しては、化粧品の触覚技術を活用した。

 当社では研究を進めるうえで、成分開発はもちろん、触覚や手触りという化粧品に欠かせない感触に関する技術開発も重視している。この技術を活用し、どんな触覚刺激を与えれば、心と体が満たされた状態に変化していくかを検証した。その結果、ある心拍のような振動を与えることで、我々の心の状態が整えられることを発見した。子どもがお母さんから寝る時にやさしくとんとん叩かれて落ち着くようなことに近く、ある振動パターンによって、人の気持ちはより落ち着いていく。この触覚技術をロジックに組み込んだ。

 ただ、触覚だけでは心と体を満たすことはできないので、五感体験を組み合わせてソリューションを構築すべきと考え、触覚の振動パターンに合わせてプロに作曲を依頼し、世界に類のない曲の作り方に取り組んだ。そして触覚を中心とした五感体験をアーティストとともに完成させた。



アプリは夜用と昼用2つのパターンを用意

 ――アプリの概要について教えてください。

 本川 我々はこのアプリを通じて、より多くの人々の心や体の状態を満たしていくことを実現していきたいが、それを全面に押し出しても中々理解されにくいため、「ストレスや疲労によって起こる課題の解決をサポートします」という見せ方でアプリの作り込みを行った。

 このアプリに搭載された技術は、大きくは「肌状態から自分の心と体を知る技術」と「触感とアートで心安らぐ体験を提供する技術」になる。

 アプリには、心と体を満たす体験を気軽に日常生活に取り入れてもらいたいという思いのもと、昼用と夜用の2つのパターンのコンテンツ体験を用意した。

 自宅でできる夜用のme-fullnes「MID NIGHT BLUE」モードは、夜寝る前、心身の負担から解放されたい時に使ってもらうことを想定し、作り込みを行った。頬の肌色の変化を分析し、疲労度・エネルギー・自律神経の状態を導き出すロジックが搭載されており、総合評価として、心と体の疲れ具合が可視化される。これをもとに、「振動(触覚)×音色(聴覚)×アート(視覚)」で五感を通じた心地よいコンテンツ体験を提供する。無料版では心拍数に合った1つの楽曲、有料版では3つの楽曲を提供していく。利用者がコンテンツを選ぶと、その時の自分の心拍数と同じ振動が伝わってきて、振動パターンに合う曲や映像が流れてくる。



 会社でできる昼用のme-fullnesオンタイムモードは、夜用のモードとは異なり、周囲に人がいても気軽にコンテンツ体験ができることが重要であることから、簡便な仕様に努め、指先を使った簡便な分析を搭載した。「振動(触覚)×アート(視覚)」でコンテンツ体験を提供する。

 昼間に特有の機能として、3つのシーンを想定し、頭をシャキッと活性化させたい時向けに「RED」、仕事の合間で一息つきたい時向けに「GREEN」、気持ちを落ち着かせて冷静になりたい時向けに「BLUE」を用意した。

 振動のパターンを変えることで、元気になったり、リラックスすることが解明されており、その技術を昼用コンテンツの振動パターンに応用した。



アプリにとどまらない価値創出を目指す

 ――今後の展望をお聞かせください。

 本川 20~50代の男女約1500名を対象に行った実証試験では、約7割が気持ちの切り替え効果を実感したと答え、9割以上がさらなる体験メニューにも期待を抱くなど、想定以上の結果が得られた。

 特に、アプリの体験を通じて「もっとリアルな体験をしていきたい」という声が非常に多く寄せられ、利用された方々の意識をポジティブに変えるアプリとしての優位性や、アプリにとどまらない価値創出の可能性を見出すことができた。

 今後は、「アプリ内体験」をフェーズⅠ、「モノの体験」をフェーズⅡ、「コトの体験」をフェーズⅢと位置づけ、自宅や職場だけでなく、教育現場や電車・飛行機などの移動空間、エンターテイメント、スポーツなどあらゆるシーンにこの機能を拡張させていく。これにより、自分と合う五感体験で心身が満たされていく体験を、より多くの方々に提供していきたい。

 一例として、水族館などの場とスマホの技術を組み合わせることで、リアルな体験をもっと活性化させることができるかもしれない。オープンイノベーションの精神で五感を通じた体験メニューの拡張を、我々の取り組みに賛同し、心身を満たすことに取り組むパートナーとともに進めていきたい。

 まず、第一歩として、年内にアプリ(iOS版)のリリースを予定している。

 自社グループのスキンケアブランド「ポーラ」とのシナジーでは、単に肌をよくしていくということではなく、心身まで満たすことを想定している。

 香りや感触など五感をフル活用することで、スキンケア体験をよりよいものにしていくことに挑戦していきたい。これが実現できれば、最終的に目指す「コト体験」の提供も視野に入ってくる。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  2. 2位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 1月21日 13時00分
    花王、「est」のブランドコンセプ...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 1月21日 14時00分
    ヒノキ新薬、首都圏ヒノキ会新年方針...
  8. 8位 10月5日 15時00分
    P&Gマックス ファクター、社名変...
  9. 9位 1月20日 12時00分
    ライオン、清潔衛生アイテムの自販機...
  10. 10位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  3. 3位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 1月18日 11時00分
    ライオン、NTTデータとDX推進に...
  6. 6位 1月17日 17時00分
    東色ピグメント、一貫製造できる新工...
  7. 7位 1月17日 11時00分
    ポーラ化成、男性のシワへの意識を調査
  8. 8位 1月17日 11時00分
    花王、機構改革(2022年1月1日付)
  9. 9位 1月17日 13時00分
    ツルハHD、DX、調剤、PB、ライ...
  10. 10位 1月17日 15時00分
    アチーブ 本多梅乃社長、二重まぶた...
  1. 1位 1月5日 11時00分
    コーセー、「コスメデコルテ」より糖...
  2. 2位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  7. 7位 12月24日 15時00分
    花王、流通戦略でブランドプレゼンス...
  8. 8位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  9. 9位 12月24日 16時00分
    2021年ASEAN化粧品市場の最新動向
  10. 10位 12月24日 13時00分
    ライオン、カラーコスメ等ビューティ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ