キャンドゥ、100円以外の商品構成比は10%超に

週刊粧業 2022年2月28日号 20ページ

キャンドゥ、100円以外の商品構成比は10%超に
 均一価格雑貨業態(100円ショップ)はコロナ禍で、ワンストップショッピングができることから顧客の支持が高まっているが、店舗数・売上ともトップ企業とは大きな開きがある。

 イオンの傘下に入ることで、活路を探る。イオングループの全国の大型SC、SMを核としたNSCへのショップ展開のほか、SM、ドラッグストアへの商品供給による規模の拡大が最優先課題となる。

あと77%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > キャンドゥ、100円以外の商品構成比は10%超に

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop