カネボウ化粧品 前澤洋介社長、世界でOnly Oneの事業体目指す

週刊粧業 2023年1月1日号 40ページ

2023年1月10日 11時00分

Sss20230101 31

 さて、2022年を振り返りますと、国内は、想定していた以上にコロナウィルスからの市場回復が厳しい1年でした。海外に目を向けても、これまで成長をけん引してきた中国市場の減速と、欧州の地政学的リスクによるインフレが起こす景気低迷、原材料高騰など、この1年で新たな課題が表面化してきました。

 そのような中でも、花王化粧品事業は、2022年をコロナ禍からの回復の年と位置付け、3つの着眼点で事業活動を進めてきました。

 一つめは、最も重要な「ブランド磨きの継続~パーパスドリブンブランディング」の取り組みです。一昨年から、ブランドの集合体を「Kao Beauty Brands」と位置づけ、事業パーパスに「Celebration of Individuality」を掲げて、多様性を尊重した個性豊かなブランド群でお客さまに寄り添うことをめざしております。

 その活動が実を結びはじめ、昨年は美容誌のベストコスメを過去最高数受賞するなど、高い評価をいただくことができました。中でも、特に大きな成果を上げたのが、ヒット商品を多数生んだ「KANEBO」、マーケティングを高く評価いただいた「KATE」です。また、フェムテック分野での活動を充実させた「TWANY」も、取り組みに対する共感のお声を多数頂戴いたしました。

 二つめは、「ESG視点の事業運営の深化」です。一昨年、株式会社コーセー様と化粧品事業のサステナビリティ領域において包括的に協働していくことに合意し、以降、積極的に取り組みを進めて参りました。

 昨年2月には、その第一弾として、花王が推進する「化粧品プラスチックボトル水平リサイクルへの取り組み」と、コーセー様が協力されてきた「絵具などへの化粧品再生利用の取り組み」における協働を開始しました。また、昨年11月には絵具に引き続き、化粧品の「インキの色材への再利用」についても実現に向けた検証を進めています。

 三つめの「DX推進によるデジタルコミュニケーションの加速とUX創造」においては、ECビジネスの基盤として、2022年ですべてのプレステージブランドの直営ECサイトを立ち上げました。また、花王が昨年12月15日に開設した、生活者と直接つながる双方向デジタルプラットフォーム「My Kao」内に、お客さま一人ひとりの異なる悩みや興味、ライフスタイルに寄り添うビューティコミュニティサイト「Kao Beauty Brands Play Park」をオープンしております。お客さまとブランドや商品との「素敵な偶然の出会い」を創出し、さらに双方向でのコミュニケーションを図ることで、商品やサービスをお客さまと共創する場にしていきたいと考えます。

 さらに、2023年1月より、美容部員の総称を「ブランド エバンジェリスト」に変更しました。あらゆる場面でお客さまとブランドをつなぐ伝道師として、2025年までには店頭とオンラインの両輪で活躍できるよう、スキル習得を目指した研修をスタートさせます。

 2023年は、withコロナの市場回復も見据え、「パーパスドリブンブランディングの加速」「欧州新運営体制をスタート」「双方向コミュニティサイト『Kao Beauty Brands Play Park』の本格稼働」に取り組みます。この1月から化粧品の欧州新運営体制をスタートし、海外事業の拡大を推進してまいります。そして、2030年までに国内市場、海外市場で、G11の全ブランドをカテゴリー№1に成長させ、世界でOnly Oneの事業体にしていきたいと考えております。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 9月26日 13時00分
    ステマ規制が10月1日からスタート...
  2. 2位 9月25日 16時00分
    サステナブル意識の高まりで2023...
  3. 3位 9月26日 11時00分
    True Data、小売業が新規出...
  4. 4位 9月26日 10時00分
    ノエビア、バクチオールやナイアシン...
  5. 5位 9月26日 10時00分
    ソリッド、品質や有効性などで「不死...
  6. 6位 9月25日 11時00分
    幹細胞コスメの最新動向、「エクソソ...
  7. 7位 9月26日 10時00分
    Beauty Ad Consult...
  8. 8位 9月26日 11時00分
    PIA、エクソソーム事業を新たな柱へ
  9. 9位 9月26日 12時00分
    ライオン、衣類の肌への接着性を約2...
  10. 10位 9月26日 12時00分
    AppBrew、健全な美容プラット...
  1. 1位 7月13日 11時40分
    ユニ・チャーム、妊活タイミングチェ...
  2. 2位 9月20日 10時00分
    良品計画、スキンケアの敏感肌シリー...
  3. 3位 9月21日 10時00分
    ユニ・チャーム、製造過程で排出する...
  4. 4位 9月21日 10時00分
    花王、低摩擦クッションローラーで塗...
  5. 5位 9月20日 14時00分
    2023年高価格帯シャンプー、コロ...
  6. 6位 9月21日 13時00分
    花王、「ムスクの香り」を網羅的に認...
  7. 7位 9月19日 10時00分
    富士経済、2023年の化粧品国内市...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 9月21日 12時00分
    資生堂、スキンケア効果とカバー力を...
  10. 10位 9月20日 12時00分
    ユニリーバ、日本初上陸のヘアケアブ...
  1. 1位 8月24日 14時00分
    資生堂、たるみの認識と実態の間に8...
  2. 2位 9月11日 10時00分
    花王、5分放置して水で流すだけのト...
  3. 3位 8月29日 10時00分
    コーセー、敏感肌ケアキャンペーンC...
  4. 4位 4月10日 11時00分
    メナード、アケビ果実抽出エキスに体...
  5. 5位 9月5日 12時00分
    花王、スティック型洗剤が発売1カ月...
  6. 6位 9月8日 13時00分
    セブン&アイHD、そごう・西武をフ...
  7. 7位 7月13日 11時40分
    ユニ・チャーム、妊活タイミングチェ...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 8月28日 12時00分
    DHC、ビタミンD不足が皮膚炎悪化...
  10. 10位 8月24日 10時00分
    アルビオン、Snow Man 渡辺...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ