2023年エイジングケア&保湿原料、環境配慮やストーリー性に脚光

C&T 2023年6月15日号 39ページ

2023年エイジングケア&保湿原料、環境配慮やストーリー性に脚光
 富士経済の調査では、2022年の機能性化粧品の国内市場を、前年比2.5%増の2兆3391億円と予測した。消費者の外出機会増加や、夏場の猛暑日が多かったことで、美白スキンケアに対する意識が高まったほか、サンスクリーンの需要が増加したものとみられる。

 また、商業施設の営業状況改善や店頭でのカウンセリング活動の制限緩和などの好材料、コロナ禍で苦戦が続いていたベースメーク、マスクに付着しにくいマスクプルーフを訴求したファンデーションが活発に発売されたことなどで、前年を上回ると推測される。

あと68%

C&Tの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 2023年エイジングケア&保湿原料、環境配慮やストーリー性に脚光

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop