日本コルマー、化粧品開発展で価値創造型の新製品を多数展示

週刊粧業 2020年1月20日号 5ページ

2020年1月17日 16時00分

Ss20200120 16 1

 化粧品・医薬部外品OEM・ODM国内最大手の日本コルマーは、国内7工場・5研究所体制でスキンケアからメークアップ、ヘアケアまであらゆる化粧品を開発製造できる体制を整える。

 第10回化粧品開発展では、「ミレニアルピンク」をテーマカラーにデザインした展示ブースで、「日本コルマーが考える高付加価値」をキーワードに開発した新製品を展示する。

 今回は展示製品を増やし40品目以上を並べる。

5つのトレンドワードを抽出
コンセプトストーリーも充実化

 同社は、国内に工場併設型の3つの研究所と独立型の2つの研究所の計5研究所・研究員160名体制で、化粧品の処方開発から原料素材の基礎研究、ヒト臨床試験による有効性評価まで一貫して行っており、年間で開発する新製品数(改良品を含む)は約1000SKUにのぼる。

 独立型の横浜研究所(神奈川)とスキンリサーチセンター(大阪)ではそれぞれ、独創性のある製剤開発と自社オリジナル原料の研究開発・有効性評価および新たな評価試験法の確立に取り組んでいる。

 特に横浜研究所では、新たな製剤開発が進み、クリーム水準の保湿力を備えたローションなどの開発に成功したという。



 今回の出展にあたり、同社は「高付加価値」を自社独自の視点で捉え直し、製品に落とし込んだ。

 OEM製品のカテゴリーや販売チャネルなど様々な傾向要素からトレンドキーワードを抽出し、展示ブースでは「プレステージスキンケア」「新規技術」「フォトジェニック」「クリーンビューティー」「高機能メークアップ」の5つのテーマを設けて開発製品を展示する。

 マーケティング部の別所侑香氏は「近年はブランドのコンセプトやストーリー性が製品の付加価値を上げる要素として重要度が高まっている。

 そのため、商品企画や販促などにそのまま使えるような状態で提供するODM案件が増えている」と話す。

 そうした傾向を踏まえ、展示ブースでも自社開発原料を用いた独自のコンセプトによるスキンケアシリーズを中心に用意しているという。

 さらに、業界トレンドの分析・抽出はあらゆる化粧品の開発・生産を行っている同社の強みの一つであることから、ブース内では紹介しきれない製品とともに情報を提供していく予定だ。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 5月18日 13時00分
    マツキヨココカラ、マツモトキヨシ香...
  2. 2位 5月19日 12時00分
    資生堂、2022年12月期第1四半...
  3. 3位 5月19日 11時00分
    サンドラッグ、積極的な店舗数拡大と...
  4. 4位 5月18日 15時00分
    2022年1~3月の化粧品輸入実績...
  5. 5位 5月18日 12時00分
    ライオン、「プラスチック環境宣言」を公開
  6. 6位 5月18日 14時00分
    コタ、2022年3月期は2ケタの増収増益
  7. 7位 5月17日 10時00分
    アルビオン スキコンを超える新スキ...
  8. 8位 5月18日 13時00分
    ロレアル、サーキュラー・イノベーシ...
  9. 9位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  10. 10位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  1. 1位 5月17日 13時00分
    ライオン、2022年12月期第1四...
  2. 2位 5月13日 12時00分
    良品計画とローソン、23年をめどに...
  3. 3位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 5月10日 10時00分
    大日本印刷、紙仕様のラミネートチュ...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 5月13日 10時30分
    資生堂ジャパン、人事異動(2022...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 5月13日 18時00分
    2022年の美容業界、若年層を中心...
  10. 10位 5月13日 14時00分
    コーセー、「雪肌粋」を薬用にリニューアル
  1. 1位 5月2日 10時00分
    カネボウ、累計270万本のKATE...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  7. 7位 4月20日 14時00分
    コーセー、「Maison KOSÉ...
  8. 8位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  9. 9位 5月2日 16時00分
    メナード、肌に色ムラが生じるメカニ...
  10. 10位 5月10日 10時00分
    大日本印刷、紙仕様のラミネートチュ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ