トレンドExpress、コロナショックで変わる中国消費マインドに対応

粧業日報 2020年6月18日号 1ページ

カンタンに言うと

  • 代購者の情報発信・拡散を起点にオールバウンド体制で深耕を
  • オールバウンドに対応する組織体制の構築で越境ECを活性化
  • 従業員がライブ配信する「EGC」マーケティングが中国で話題に
トレンドExpress、コロナショックで変わる中国消費マインドに対応
 日本企業の中国マーケティング支援を行っているトレンドExpressは、インバウンド売上が低迷する日本企業が増えていることを受け、代理購買を行うソーシャルバイヤー(代購者)を活用したマーケティングサポートを強化する。

 同社は、中国SNSのソーシャルビッグデータ分析をもとにしたマーケティング支援を得意としており、日中間ビジネスを展開するソーシャルバイヤーを支援するプラットフォーム事業も展開している。

 濵野智成社長は、「コロナウイルス感染拡大により、訪日客が大幅に減少してインバウンドはほぼなくなっている状況だが、そうした中で、ソーシャルバイヤーたちは活動を続けている」と話す。

 実際に、約1万人のソーシャルバイヤーが登録・利用する同社の代購プラットフォームでは、直近3月の流通総額が2月に比べ222%増で推移した。

 コロナ感染拡大が深刻化していく最中、CtoCプラットフォームは利用率が高まっており、拡大傾向が続いている。

あと84%

粧業日報の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > トレンドExpress、コロナショックで変わる中国消費マインドに対応

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop