化粧品のキャッチコピー・イメージ、企業側の発信により厳しい目線

週刊粧業 2023年7月10日号 48ページ

カンタンに言うと

  • リサーチ手段の多様化が主要因
  • 上位3項目は変化なし、コロナで「ストレス」上位に
  • 「赤ちゃんのような肌」が1位、「色白肌」「陶器肌」が支持拡大
  • スキンケアやメークに関心、ダイエットやネールが伸長
  • 「価格が高い」との意見弱まる、今後の市場回復への期待感も
化粧品のキャッチコピー・イメージ、企業側の発信により厳しい目線
 消費者のキャッチコピーに対するイメージをみると、前回調査と比べて、「その手には乗らない」(30.8%)が6.5P上昇している。

 好意的な意見については、「その通りに画期的だと思う」(9.2%)の回答は横ばいとなったが、「それなりの新しい工夫は認めたい」(25.2%)は2.5P減少した。

あと92%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 化粧品のキャッチコピー・イメージ、企業側の発信により厳しい目線

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop