2023年スタイリング剤市場、髪ダメージの深刻化で複数商品を併用

C&T 2023年12月15日号 15ページ

カンタンに言うと

  • 前髪スタイリングへの注目度も高まる
2023年スタイリング剤市場、髪ダメージの深刻化で複数商品を併用
 スタイリング市場は、コロナ禍による外出機会の減少によって大きくダメージを受けた。しかし、2022年以降は回復しつつあり、今後も堅調な需要が予想されている。ハイトーンカラーの流行が続き、ブリーチやカラーのダメージが深刻化したことにより、オイルでパサつきや広がりを抑える人が増えているという。

 オイルは天然植物から抽出したものなど、環境配慮の要素を含む商品も多いことから、サステナブルの潮流が拡大するとともに、今後ますます需要が拡大していくことだろう。

あと75%

C&Tの有料プラン(制限なし・制限あり)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 2023年スタイリング剤市場、髪ダメージの深刻化で複数商品を併用

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop