GSIクレオス、SQDG(糖脂質)に着目した新規原料を提案

C&T 2024年6月17日号 44ページ

GSIクレオス、SQDG(糖脂質)に着目した新規原料を提案

 世界各国に原料サプライヤーを持ち、植物エキスを中心に天然由来の輸入原料を幅広く取り扱うGSIクレオスの香粧品部では今春、フランス・Seppic社が新たに開発した肌のハリやたるみ、ほうれい線をケアする海藻由来のアクティブ原料「サガシオス」(表示名称=ヒマンタリアエロンガタエキス、プロパンジオール)の提案を開始した。

 サガシオスは、国際宇宙ステーションでの植物の生育実験からインスピレーションを得て開発されたユニークな原料だ。同じ植物が地球上で生育する場合と比較し、無重力の宇宙空間で生育した場合は植物の構造が乱れ、植物の良好な構造を維持するための鍵となる分子がSQDG(糖脂質)であることが示された。

あと77%

C&Tの有料プラン(制限なし・制限あり)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > GSIクレオス、SQDG(糖脂質)に着目した新規原料を提案

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop