マンダム、「楽」を重視した感性研究

C&T 2024年6月17日号 32ページ

カンタンに言うと

  • 「香り」印象の可視化に成功するなど進展、容器開発

マンダム、「楽」を重視した感性研究

 マンダムは、「先端技術研究所」を中心に各部署と連携しながら感性研究に取り組んでいる。感性の研究領域では、香りや触感など五感に関わる研究や、温度や化学刺激を感じる感覚センサー「TRPチャネル」の研究を行っており、製品価値の向上につなげている。さらに、製品価値の向上に向けては、今年4月に「パッケージ開発部」を新設し、パッケージの見た目や使いやすさ、環境対応などの推進を図っていく。

 先端技術研究所・安全性・機能性研究グループの山口あゆみ氏とパッケージ開発部・パッケージ開発グループの久間夕佳氏に、感性関連の研究成果とともに、昨今の取り組み状況について話を聞いた。

あと79%

C&Tの有料プラン(制限なし・制限あり)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > マンダム、「楽」を重視した感性研究

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop