ライオン 掬川正純社長、既存事業の枠を越えた事業拡大を目指す

週刊粧業 2022年1月1日号 46ページ

2022年1月10日 12時00分

Sss20220105 69

 ライオンの2021年1~9月期(IFRS)は、一般用消費財事業がハンドソープの減収をハブラシ、柔軟剤、解熱鎮痛剤でカバーし、ほぼ前年並みとなった。海外事業は東南アジアが厳しい市場環境の中、堅調に推移するとともに、中国の好調が継続し増収となっている。

 特に、長年停滞が続いていた浴室用洗剤、トイレ用洗剤の分野で「こすらず洗い」というパーパス(ReDesign)に基づいた提案が定着しつつあることに手応えを掴んでいる。

 2021年の動向と2022年の展望について、掬川正純社長にインタビューした。

生活者の意識変化は
今後定着化することを想定

 ――まずは、2021年を振り返っていただけますか。

 掬川 2021年は、前年に引き続き新型コロナウイルス感染症によるパンデミックが社会経済活動に大きな影響を及ぼし、トイレタリー業界にも波及した結果、カテゴリー毎に好不調のコントラストが非常にはっきりした1年となりました。

 コロナ禍が続く中にあって一番大事なのは、「生活者の意識変化、ライフスタイル変化が定着していく」という視点を持つことだと考えています。

 生活者の意識変化では、「健康意識の高まり」「家事意識の高まり」「不安なく人と会えること」の3点が今後ますます重要なポイントになってきます。

 具体的には、健康意識が高まったことで、オーラルケア市場は堅調に伸びており、付加価値化が進んでいます。また、在宅時間が長くなったことが家事を見直す契機となり、こすらず洗えることを訴求した浴室用洗剤「ルックプラス バスタブクレンジング」や、トイレ用洗剤「ルックプラス 泡ピタ トイレ洗浄スプレー」が好調に推移するなど、家事意識の高まりは着実に進んでいます。

 コロナ禍においては、人と人が接触することのリスクが認識される一方で、リアルで接触しないと実現できないことも認識され始めています。リアルでの接触を可能にするソリューションの提供はまだ道半ばですが、大きなニーズがあることは間違いありませんので、不安なく人と会える環境を整える商品・サービスが今後の大きなテーマになっていきます。

 21年は新しい時代の清潔習慣の普及・定着のために「青のキレイキレイ シリーズ」を投入し、家庭内の手洗いから提供価値領域を拡大し、外出先の手洗いに範囲を広げるなど、一定程度の貢献は果たしましたが、まだ十分とはいえず、今後も挑戦を続けていきます。

あと82%

こちらの記事は週刊粧業の有料プランをご契約の方のみ閲覧可能です

有料プランについてはこちら

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 5月18日 13時00分
    マツキヨココカラ、マツモトキヨシ香...
  2. 2位 5月19日 12時00分
    資生堂、2022年12月期第1四半...
  3. 3位 5月19日 11時00分
    サンドラッグ、積極的な店舗数拡大と...
  4. 4位 5月18日 15時00分
    2022年1~3月の化粧品輸入実績...
  5. 5位 5月18日 12時00分
    ライオン、「プラスチック環境宣言」を公開
  6. 6位 5月18日 14時00分
    コタ、2022年3月期は2ケタの増収増益
  7. 7位 5月17日 10時00分
    アルビオン スキコンを超える新スキ...
  8. 8位 5月18日 13時00分
    ロレアル、サーキュラー・イノベーシ...
  9. 9位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  10. 10位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  1. 1位 5月17日 13時00分
    ライオン、2022年12月期第1四...
  2. 2位 5月13日 12時00分
    良品計画とローソン、23年をめどに...
  3. 3位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 5月10日 10時00分
    大日本印刷、紙仕様のラミネートチュ...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 5月13日 10時30分
    資生堂ジャパン、人事異動(2022...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 5月13日 18時00分
    2022年の美容業界、若年層を中心...
  10. 10位 5月13日 14時00分
    コーセー、「雪肌粋」を薬用にリニューアル
  1. 1位 5月2日 10時00分
    カネボウ、累計270万本のKATE...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  7. 7位 4月20日 14時00分
    コーセー、「Maison KOSÉ...
  8. 8位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  9. 9位 5月2日 16時00分
    メナード、肌に色ムラが生じるメカニ...
  10. 10位 5月10日 10時00分
    大日本印刷、紙仕様のラミネートチュ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ