JAPAN PACK 2022、喫緊の諸課題を解決に導く商品・サービスが集結

週刊粧業 2022年1月24日号 6ページ

JAPAN PACK 2022、喫緊の諸課題を解決に導く商品・サービスが集結
 包装にまつわる最新鋭の機器・技術・サービスが集結する展示会「JAPAN PACK(日本包装産業展)」が2月15日(火)~18日(金)の4日間、東京ビッグサイト(西展示棟1~4ホール・南展示棟1~2ホール・会議棟)で開催される。

 JAPAN PACKは1964年に第1回展 を開催以来、包装業界・関連業界における最新の技術や情報、およびそのユーザーやバイヤーが一堂に会する大型商談展示会として開催を続け、 時代に応じて最適なプロモーションの舞台を作り 出してきた。

 第33回を迎える今回は、バーチャル展示会を融合させたハイブリッド展示会へと進化し、306社・団体(出展小間数1507小間、今年1月13日現在)が出展する。

あと69%

続きを読むには無料会員登録が必要です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • 化粧品業界の優良記事を
    お届け
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > JAPAN PACK 2022、喫緊の諸課題を解決に導く商品・サービスが集結

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop