一丸ファルコス、コロナ後も見据えた原料提案を強化

C&T 2022年6月15日号 48ページ

2022年6月21日 14時00分

Ct20220701 9 1

 一丸ファルコスは、週1回のペースで開催している自社Webセミナーを通じて、マスク生活などwithコロナのニーズに対応する新規原料や新データの紹介とともに、「afterコロナ」に向けた機能性原料の提案も強化していく。

 今年2月には「マスクを外した後の生活について」のアンケート調査(15~69歳男女、N=646)を実施した。マスクを外した時、自身が顔まわりに対して気になるところについて、10~30代女性は各世代とも「毛穴」が最も多かった。

 一方、40代~60代女性は「頬のたるみ」と「ほうれい線(やマリオネットライン)」が上位にランクインした。

 マスクなしの生活で最も力を入れたい美容ポイントについて、40代以上は全世代が「ほうれい線やシワ」が1位となった。同社は、afterコロナで中高年層の肌悩みが深まる「頬のたるみ」や「ほうれい線やシワ」に着目し、対応原料の提案を進めている。その一つが、ボリュームアップエキスとして紹介しているアルニカ花エキス「アデプルン」である。

 アデプルンは、抗炎症効果や血液循環作用をもつメディカルハーブとして古来より使用されているキク科・アルニカ花から抽出したエキスで、外原規、IECIC2021に適合し、COSMOS APPROVEDを取得している。

 肌のツヤや弾力を肌の下層にて支えているのが脂肪細胞だが、脂肪細胞は加齢によって減少して萎み、フェイスラインの崩れにつながる。

 美容医療では脂肪を直接注入してボリュームアップさせ、ふっくらとしたフェイスラインをつくる方法があるが、アデプルンは塗るだけで脂肪細胞をボリュームアップさせ、ふっくらとした肌や唇に導く効果が期待できる。

 また、脂肪細胞のボリュームアップにより、顔や唇のシワや凹凸が改善され、陰影が少なくなることで肌の明るさや透明感もアップし、美白効果も認められている。

 それらアデプルンの研究成果は今年4月、化粧品コンサルティング会社のBSB社(本社=ドイツ)による革新的な化粧品・化粧品原料を選定するアワード「BSB Innovation Award 2022」にて、化粧品有効性原料カテゴリーの「Plumping, moisturization and barrier(ふっくら感、保湿、バリア)」部門で第2位を受賞した。

 さらに、このほど新たにアデプルンに脂肪細胞が真皮の線維芽細胞に働きかけてヒアルロン酸を産生促進する効果が認められ、「ヒアルロン酸産生促進作用」(表)の新データの紹介も進めている。

 また、アンケートでは男性のマスクなし生活に関する調査も行った。男性は、マスクなし生活になった時の気になる部位として「ヒゲ」が上位に上がり、「ヒゲ剃りによる肌荒れ」のケアや「ヒゲを整える」ことに力を入れていきたいと考えていることがわかった。

 また、50~60代の中高年世代の男性を中心に「口臭ケア」も上位となっている。男性のマスクなし生活のニーズに対し、同社は、「メンズ向け原料」として開発原料を部位・目的別にまとめて紹介している。コロナ禍では、除毛ニーズの高まりも影響し、ヒゲの抑毛作用が確認されている「フラボステロンSE」(大豆エキス)が好調だという。



 口臭予防など口腔ケアに対応する原料として、海藻由来エキス「ミルテクト」(医薬部外品表示名称:海藻エキス)を開発し、今春より販売を開始した。

 「ミルテクト」は、ミル(海松Codium fragile)など3種の海藻から抽出したエキスで、初期付着菌の歯面への吸着を阻害し、口臭やむし歯といった口腔トラブルの原因となるバイオフィルム(デンタルプラーク)の形成を抑制する(表)



 また、抗菌剤CPC(塩化セチルピリジニウム)など既存の口腔ケア有効成分(抗菌剤)との相乗効果も見出している(表)

 口腔ケア専用原料の開発は同社にとって初めてだが、既存の口腔ケア有効成分(抗菌剤)との相乗効果を示すデータと併せて、処方製剤の提案も行っている。

 直近の6月3~4日に開催された「第65回春季日本歯周病学会学術大会」にて、「ミルテクト」の研究発表および企業展示を行った。今後も研究発表・論文を通じて知見を広げ、口腔ケア研究を深掘りしていく。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 6月28日 12時00分
    資生堂、プリオールから新感触の大人...
  2. 2位 7月4日 12時00分
    証券アナリストに聞く2022年下期...
  3. 3位 7月5日 11時00分
    証券アナリストに聞く2022年下期...
  4. 4位 7月5日 10時00分
    ファブリックケア市場、コロナ禍のま...
  5. 5位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  6. 6位 7月4日 11時00分
    ラパスジャパン、医療用マイクロニー...
  7. 7位 7月4日 10時00分
    シーボン、心理的なストレスによるメ...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 6月29日 11時00分
    資生堂、昨年1週間弱で完売した「H...
  10. 10位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  1. 1位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  2. 2位 6月28日 12時00分
    資生堂、プリオールから新感触の大人...
  3. 3位 6月29日 11時00分
    資生堂、昨年1週間弱で完売した「H...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 6月29日 12時00分
    ちふれ化粧品、スキンケア「保湿シリ...
  7. 7位 6月30日 14時00分
    花王、認知機能低下と日常歩行速度の...
  8. 8位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  9. 9位 6月28日 13時00分
    コーセー、マスク緩和を受け今後のメ...
  10. 10位 7月1日 14時00分
    矢野経済研究所、2021年度サブス...
  1. 1位 6月17日 13時00分
    ファンケル、スキンケア製品の長期使...
  2. 2位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  7. 7位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  8. 8位 6月28日 12時00分
    資生堂、プリオールから新感触の大人...
  9. 9位 5月17日 10時00分
    アルビオン スキコンを超える新スキ...
  10. 10位 3月17日 13時00分
    伊藤忠ファッションシステム、WGS...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ