良品計画、第二創業で日常生活を網羅する商品・店舗開発を

粧業日報 2022年7月29日号 1ページ

カンタンに言うと

  • 定番のブラッシュアップを基本に事業を再構築
  • 第3四半期、衣服の不振や中国の休業等で2ケタ減益
良品計画、第二創業で日常生活を網羅する商品・店舗開発を
  良品計画(堂前宜夫社長)は第二創業として日常生活を網羅する商品および店舗開発に取り組んでいる。出店も従来の都心から、生活者がアクセスしやすい郊外にシフトしている。SMの隣接地を中心に全国津々浦々への出店を進める。

 出店は順調に推移しているものの、収益構造、商品力、経費の効率化が課題となっている。改めて、日常生活に密着した定番商品をブラッシュアップすることを基本に、調達やコスト構造の見直し、システムの内製化によるコスト削減などによって、事業の再構築を図る。

あと92%

粧業日報の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 良品計画、第二創業で日常生活を網羅する商品・店舗開発を

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop