花王、第一三共ヘルスケアとの共同開発を開始

粧業日報 2022年12月2日号 1ページ

カンタンに言うと

  • ライフケア事業領域で基盤技術や製剤化技術を相互に有効活用
花王、第一三共ヘルスケアとの共同開発を開始
 花王は11月24日、ライフケア事業(皮膚関連)領域にて、第一三共ヘルスケアと共同開発に関する契約を締結した。

 両社の基盤技術や製剤化技術を相互に有効活用し、人々の健康でこころ豊かな暮らしに貢献するヘルスケア商品などを共同で開発する取り組みを開始する。

 花王は、これまで界面科学や生命科学などに関する長年の研究資産を活用し、皮膚や髪などをケアするヘルス&ビューティケア事業を展開してきた。近年、「プレシジョン・ライフケア」という考え方のもと、一人ひとりに合った最適なソリューションの提案を目指し、健康に関わるさまざまな技術開発をさらに加速させている。

 一方、第一三共ヘルスケアは、OTC医薬品の分野における長年の経験と知見を持ち、多様な領域にて医薬品を展開するとともに、スキンケアやオーラルケアへと事業領域を拡げ、健康と美に貢献できる製品の開発を目指している。

 今回、両社が有する皮膚や健康に関する基盤技術や製剤化技術を相互に有効活用し、それぞれの事業分野で応用することを目標とした共同開発を開始することとなり、花王が有する皮膚用製剤技術を、第一三共ヘルスケアのOTC医薬品の製品開発へと応用する共同開発に関する契約を締結した。

 今後、新たな価値や体験の提供を可能とする製剤開発を進めていく。
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 花王、第一三共ヘルスケアとの共同開発を開始

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop