東洋新薬、各大学と連携した技術を商品に応用

C&T 2022年12月15日号 22ページ

カンタンに言うと

  • 九州大学との研究の第1弾を発表
東洋新薬、各大学と連携した技術を商品に応用
 東洋新薬は充実した研究開発力と豊富な実績をもとに積極的に産学連携に取り組み、研究成果の実用化を推進している。

 同社が強みとするスキンケア領域においては、神奈川大学の特許技術「三相乳化」が採用されている。「三相乳化」とは、神奈川大学により開発された界面活性剤を必要としない乳化テクノロジーだ。

 従来の乳化技術に欠かせなかった界面活性剤の代わりに、柔らかいモイスチャーナノ粒子の物理的作用力(ファンデルワールス引力)を利用した新しい乳化技術となっている。

あと83%

C&Tの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 東洋新薬、各大学と連携した技術を商品に応用

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop