マンダム、肌トラブルに着目しスキンケアの提案を強化

週刊粧業 2023年7月3日号 13ページ

マンダム、肌トラブルに着目しスキンケアの提案を強化
 マンダムは、気温の上昇とともにマスクを外したいと考えている生活者が多いことを突き止め、マスクを外した際に気になる肌の悩み・トラブルに着目したスキンケア製品の提案を強化している。

 2023年4月、同社が「マスク着用と肌状態」について実施した意識調査では、若年層を中心にマスクを外すことに抵抗感を持ちつつ、3割以上の生活者が「暑くなってきたらマスクを外したい」と答えていた。

 広報部の石川真由主任は、「外した際に肌状態を見られることを気にして、ケア意識を高めている方も多い。また、マスクを外すことで、自身の汗や体臭などのニオイに対しての意識も高まるだろう」と話している。

 ――今春発売された新商品などから、マスク着用の自由化の影響が感じられるような動きはございますか。

 石川 いくつか新たな傾向はみられるが、「ビフェスタ 泡洗顔シリーズ」が好調に推移している。シリーズは、濃密炭酸泡で肌をこすらず毛穴の奥の汚れを吸着して落とせることを特徴としており、コロナ禍も堅調に推移していた。

 シリーズアイテムとして、悩みや目的から選べる「ブライトアップ」「モイスト」「コントロールケア」に加え、今春は炭とクレイを配合する「ディープクリア」をラインアップに追加した。「ディープクリア」も発売以来、好調に推移している。

あと74%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > マンダム、肌トラブルに着目しスキンケアの提案を強化

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop