近代化学、アメリカ進出に向けた製品開発に注力

週刊粧業 2017年8月28日号 8ページ

カンタンに言うと

近代化学、アメリカ進出に向けた製品開発に注力
 カラートリートメントやパーマネント剤などのヘアケア関連製品を中心に化粧品・医薬部外品のOEM事業を展開する近代化学は今期(2017年8月期)、自社ブランド「海老名オーガニックファーム」を立ち上げるなど、新たな施策を次々と打ち出している。

 岡部達彦社長に今期の振り返りと、来期に向けた抱負を聞いた。

 ――今期の取り組みを改めて振り返ると。

 岡部 今期は化粧品用の粉末カラー剤の製造が始動し、これまでにかけて着実に実績を積み重ねている。

 今年1月からは、本社工場のある神奈川県海老名市の特産品(苺)を活用した自社ブランド「海老名オーガニックファーム」を発売し、このブランドをきっかけに苺果汁配合シャンプー・トリートメントのOEM提案を強化している。

あと61%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 近代化学、アメリカ進出に向けた製品開発に注力

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop