グラセル、チャレンジ精神を貫き持続成長へ

週刊粧業 2022年1月1日号 81ページ

2022年1月6日 16時00分

Sss20220105 47 1

 化粧品容器会社のグラセルは、2021年度(2022年3月期)は売上が回復し増収での着地を見込んでいる。22年春には、大阪市内に「大阪営業所」を開設し顧客対応力を強化する。

 谷村敏昭会長は「スピード感のある顧客対応を実現し、得意先との強い信頼関係を築いていきたい」と話している。

 ――2021年度のこれまでを振り返ってみていかがですか。

 谷村 2020年度からは回復基調にあるが、業界全体は依然として厳しい状況が続いている。ただ、そうした中でもヒット商品は生まれており、コロナ禍の長期化で企業の好不調の差がさらに大きくなってきたという印象はある。

 当社も21年度はコロナ禍にあって新規顧客の開拓が順調に進んだことに加え、一部のヒット商品にも恵まれ、数字的には過去最高売上を達成した19年度ベースに戻ってきた。

 ――コロナ禍の状況にあって、環境配慮型容器の拡充も着実に進めてきました。

 谷村 この1年の間で焼却時のCO発生抑制に効果がある新素材「グリーンナノ」や「バイオマスプラスチック」を用いた環境配慮型容器の出荷数量が一気に増えている。そうした需要性の高さから、環境対応素材も自社で在庫して、スピーディに対応できる体制を整えた。

 近年業界の移り変わりはどんどん速まっているが、コロナ禍で不確実性がさらに高まり予測を立てることすら難しくなる中で、スピーディな対応が今まで以上に求められてくる。

 環境ニーズへの対応力を強化しているのもその一環であり、新製品開発にも積極的に投資を行っている。

 これまで化粧品容器はデザイン訴求で業界の活性化に貢献してきたが、世界的な環境への取り組みで、消費者の容器に対する価値観も変化してきている。

 「デザインよりも環境へのやさしさを優先して商品を選ぶ」。そのような新しい時代に向けて、提案できる容器のバリエーションをさらに拡充していく。

 ――その来るべき時代に向けて、貴社の今後の展望をお聞かせください。

 谷村 当社は21年6月より新経営体制となったが、会社には必ず経営理念が存在し、それをいかにブラさず、後継していくかが重要だと考えている。

 当社のそれは、「新しいことにチャレンジし続ける」ことであり、成長の礎でもある。

 今後もその企業精神を貫き、新しい化粧品容器を開発し続ける容器会社として業界の発展に貢献していく。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 5月18日 13時00分
    マツキヨココカラ、マツモトキヨシ香...
  2. 2位 5月19日 12時00分
    資生堂、2022年12月期第1四半...
  3. 3位 5月19日 11時00分
    サンドラッグ、積極的な店舗数拡大と...
  4. 4位 5月18日 15時00分
    2022年1~3月の化粧品輸入実績...
  5. 5位 5月18日 12時00分
    ライオン、「プラスチック環境宣言」を公開
  6. 6位 5月18日 14時00分
    コタ、2022年3月期は2ケタの増収増益
  7. 7位 5月17日 10時00分
    アルビオン スキコンを超える新スキ...
  8. 8位 5月18日 13時00分
    ロレアル、サーキュラー・イノベーシ...
  9. 9位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  10. 10位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  1. 1位 5月17日 13時00分
    ライオン、2022年12月期第1四...
  2. 2位 5月13日 12時00分
    良品計画とローソン、23年をめどに...
  3. 3位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 5月10日 10時00分
    大日本印刷、紙仕様のラミネートチュ...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 5月13日 10時30分
    資生堂ジャパン、人事異動(2022...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 5月13日 18時00分
    2022年の美容業界、若年層を中心...
  10. 10位 5月13日 14時00分
    コーセー、「雪肌粋」を薬用にリニューアル
  1. 1位 5月2日 10時00分
    カネボウ、累計270万本のKATE...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 5月10日 14時53分
    HRK・岩本初恵社長、病魔に打ち勝...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  7. 7位 4月20日 14時00分
    コーセー、「Maison KOSÉ...
  8. 8位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  9. 9位 5月2日 16時00分
    メナード、肌に色ムラが生じるメカニ...
  10. 10位 5月10日 10時00分
    大日本印刷、紙仕様のラミネートチュ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ