コーセー 小林一俊社長 2022年新春インタビュー

週刊粧業 2022年1月1日号 10ページ

2022年1月13日 13時00分

Sss20220105 90

リスクに強い企業に向けて
DX推進などの改革を実行

 コーセーは、コロナ禍というピンチをチャンスに変えるべく、DXやサステナビリティの推進に向けて様々な対策を講じている。特に、花王と化粧品事業のサステナビリティ領域で包括的に協働するというニュースはエポックメイキングな出来事として業界内外で大きな話題を呼んだ。

 社長就任以来、リーマンショック、東日本大震災など数々の困難を乗り越え成長を主導してきた小林一俊社長に新年度の抱負についてインタビューした。

国内はコロナ長期化で苦戦も
中国とアメリカが好調に推移

 ――まず、2021年を振り返っていただけますか。

 小林 日本経済は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により年初より厳しい状況にありましたが、全国的な緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が解除された9月以降は、持ち直しの動きが続いています。

 業態別では、専門店は昨年に引き続き、お客さまとの強い絆をベースに底堅く順調に推移しています。また、昨年苦戦が続いた百貨店がここへ来て一気に盛り返してきています。一方、ドラッグストア、GMSでは依然として厳しい状況が続いています。

 当社グループが主に事業展開しているエリアにおいては、中国の景気が緩やかに回復しており、それ以外のアジア各国でも景気は回復傾向にあります。米国では、ワクチン接種の普及や経済再開に伴い、着実に回復しています。

 中国ではeコマースを中心に成長が継続しています。7~9月には、海南島において新型コロナウイルス感染症拡大による渡航制限などにより、免税事業が一時的に厳しい状況となりましたが、回復傾向にあります。

 こうした中、コスメデコルテのクリスマスコフレ「メイクアップ コレクション 2021」が予約開始直後に完売しました。これはお客さまの化粧品に対するニーズは決して衰えていないことを象徴する事例であり、コロナ禍にあって多くの困難に直面していますが、化粧品に求められる本質的な部分を、消費者も我々メーカーも再認識できたという意味ではプラスであったと考えています。

 2020年~21年にかけては、コロナ禍という未曽有の危機に直面し、過去の苦しい局面においてピンチをチャンスに変えてきた経験・ノウハウを活かし、リスクに強い企業に進化すべく、DX推進をはじめ様々な課題に取り組み、改革を進めました。

 数年後に、あの時に守りの改革を始めたことが今の成長を支えているといえるような年になればと考えています。

あと84%

こちらの記事は週刊粧業の有料プランをご契約の方のみ閲覧可能です

有料プランについてはこちら

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  2. 2位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  5. 5位 1月21日 13時00分
    花王、「est」のブランドコンセプ...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 1月21日 14時00分
    ヒノキ新薬、首都圏ヒノキ会新年方針...
  8. 8位 10月5日 15時00分
    P&Gマックス ファクター、社名変...
  9. 9位 1月20日 12時00分
    ライオン、清潔衛生アイテムの自販機...
  10. 10位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  3. 3位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 1月18日 11時00分
    ライオン、NTTデータとDX推進に...
  6. 6位 1月17日 17時00分
    東色ピグメント、一貫製造できる新工...
  7. 7位 1月17日 11時00分
    ポーラ化成、男性のシワへの意識を調査
  8. 8位 1月17日 11時00分
    花王、機構改革(2022年1月1日付)
  9. 9位 1月17日 13時00分
    ツルハHD、DX、調剤、PB、ライ...
  10. 10位 1月17日 15時00分
    アチーブ 本多梅乃社長、二重まぶた...
  1. 1位 1月5日 11時00分
    コーセー、「コスメデコルテ」より糖...
  2. 2位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  7. 7位 12月24日 15時00分
    花王、流通戦略でブランドプレゼンス...
  8. 8位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...
  9. 9位 12月24日 16時00分
    2021年ASEAN化粧品市場の最新動向
  10. 10位 12月24日 13時00分
    ライオン、カラーコスメ等ビューティ...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ