ライオン、台東区と包括連携協定を締結

粧業日報 2023年3月28日号 4ページ

ライオン、台東区と包括連携協定を締結
 ライオンは3月13日、東京都台東区と区民の健康増進やサステナビリティの実現に向けた包括連携協定を締結した。台東区が広範な分野で個別企業と包括連携協定を結ぶのは今回が初めて。今後は、両組織が連携・協力し、健康や環境、観光など幅広い分野で事業を展開していく。

 締結式で挨拶した台東区の服部征夫区長は「健康意識が高まりをみせ、世界的な脱炭素化の動きが進展する中、区民のニーズも多様化している。そのような中、これまでライオン株式会社が培ってきたリソースをご提供いただき、事業を共同展開することで区民の健康増進を図るとともに、地域共生、持続可能な社会を実現するため、今回、包括連携協定を締結するに至った。社会情勢の変化を的確に捉え、区民の皆様が安心して健やかに暮らし続けられるよう、企業と効果的・効率的に施策を展開していくことは、今後ますます重要になるだろう」と語った。

 続いてライオンの小林健二郎 取締役兼上席執行役員は「当社の経営環境を見渡すと、不確実性がますます高まっており、価値創造に向けては官民連携、競合企業とのパートナーシップがこれまで以上に不可欠となっている。今回、本社を台東区に移転するにあたり、地域社会への貢献と、その活動を通して社員の経験と自身のやりがいの向上を目的に、環境から健康、人権、防災、観光、スポーツに至るまで幅広い連携プログラムをご提案させていただいたところ、ほぼ全ての提案に対して前向きに取り組んでいただくことになった」と述べた。

 ライオンは2023年より、都内4カ所に分散していた本社・関係会社を集約し、東京都台東区蔵前に本社を移転したのを機に、台東区とともに区民の健康増進と、地域共生、持続可能な社会の実現に向けた地域づくりに貢献するため、相互に連携・協力する協定を締結した。

 同社では、経営ビジョン「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」の実現に向け、「より良い習慣づくりで、人々の毎日に貢献する(ReDesign)」というパーパスを起点とした経営に取り組んでおり、歯と口の健康に関する知見や家事シェア(男女共同参画)のノウハウなどを提供するとともに、環境や防災、観光振興(魅力を高める観光商品・サービスの開発)への課題に協働していく。
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > ライオン、台東区と包括連携協定を締結

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop