ちふれHD、初のM&AでOEM事業を開始

粧業日報 2023年10月24日号 1ページ

ちふれHD、初のM&AでOEM事業を開始
 ちふれホールディングスは、2022年8月にOEM・受託製造会社アイメイトと事業譲渡契約を締結し、グループ企業として運営を開始している。

 アイメイト代表取締役社長を務める中村俊彦氏に、事業譲渡の狙いや今後の展望について話を伺った。

 ――アイメイトとの事業譲渡に至った背景をお伺いします。

 中村 今年で創業85年となるアイメイトは、元々は色鉛筆の芯の製造をしていた企業で、その技術を化粧品の製造にも活かし、1946年にアイブロウペンシルを日本で初めて製造した歴史のあるOEM企業だ。

 ちふれグループでは、5つの化粧品ブランドと1つの化粧道具ブランドを展開しており、自社製造の製品も数多くあるが、アイブロウペンシルに関しては、アイメイトに長年製造委託をしており、メーカーとOEMの間柄で取引をさせていただいていた。

あと83%

粧業日報の有料プラン(制限なし・制限あり)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > ちふれHD、初のM&AでOEM事業を開始

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop